学力アップなび

広島県内公立高426人減 来春の入学定員、全日制10校学級減

2020/9/12 18:12

 広島県教委は11日、来年春の公立高の入学定員を1万5282人と発表した。少子化の影響で、全日制本校10校の学級数を減らすなどしたため、今年の春と比べて426人減少。記録の残る1989年以降では9年連続で最少を更新した。
(ここまで 110文字/記事全文 464文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧