学力アップなび

卒業生と共演、響き力強く 日彰館高吹奏楽部、半年遅れの定演

2020/9/15 14:37
終演後、観客の拍手に起立して応える現役部員と卒業生

終演後、観客の拍手に起立して応える現役部員と卒業生

 新型コロナウイルスの影響で、半年遅れの開催となった日彰館高(三次市吉舎町)の吹奏楽部定期演奏会。今春の卒業生7人も市外から駆け付け、ステージを盛り上げた。同市三次町の市民ホールきりりの大ホールに力強い演奏を響かせ、コロナ禍で沈みがちな気分を高揚させた。(写真と文・石川昌義) 
(ここまで 143文字/記事全文 143文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「地域の皆さんに支えられた3年間でした」。今春の卒業生が観客に感謝を伝えると、大きな拍手が湧いた
  • 半年遅れで実現した定演。今春の卒業生は現役部員(右側)から花束を受け取った
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧