学力アップなび

【第3回】講評 締めは「ちいげさ」も 特別編集委員 江種則貴

2020/10/6 17:03
江種則貴・特別編集委員

江種則貴・特別編集委員

 落語の締めくくりを「落ち」と言いますよね。客をさんざん笑わせた上で、最後の大爆笑といくか、逆に、しんみりさせるか。出だしの「つかみ」とともに最も重要な部分で、そもそも落ちない話は落語とは呼べないのです。

 結論が大切な点で、小論文は落語以上かもしれません。そこを踏まえ、杉野さんの解答例を一緒に読んでみましょう。

【解答例PDF】ここをチェック、講評で詳しく

 冒頭の記事要約に続き、第2段落で「静粛した空間に寂しさを感じ…」などと卓球大会に出場した体験をつづっています。まさに「つかみ」ですね。

 続いて「今こそスポーツの『価値』について考えるきっかけなのだ」「オンラインでの大会開催を提案する」。主張が具体的で説得力があります。

 そうして最終段落の「スポーツは、経済や人の心を動かす力がある」へとつないでいく。よどみない論理展開が素晴らしい。

 ただ気になるのは、最後の最後です。確かに「スポーツが世界の現状を変え」るとしても、それでコロナ禍が「収束する日が来るかもしれない」とは、少し大げさではないでしょうか。

 少なくとも「かもしれない」という言葉を選んだ時点で、さては自分の主張に自信がないのかと、読む人から見透かされてしまいかねません。

 少し前の若者言葉に、大げさの反対語である「ちいげさ」がありました。あえて「ちいげさ」で落とす。そんな高度な締めくくりにも挑戦してみてください。

 えぐさ・のりたか 原爆・平和問題などを取材。論説主幹、編集局長を経て、コラムを執筆中。

【第3回】問題
【第3回】解答例
【第3回】その他の解答例と講評
【第3回】ポイント
【第3回】次回(第4回)問題

この記事の写真


    クリックでPDFファイルが開きます

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新聞で磨く小論文の最新記事
一覧