学力アップなび

「不可欠な機器」教委動揺 学校PC談合疑い、配備に影響も

2020/10/15 16:11

 広島県と広島市が発注した学校用コンピューター機器の入札で談合を繰り返した疑いがあるとして、公正取引委員会が独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで大手や地元の計14社を立ち入り検査したことが分かった14日、県教委と市教委に動揺が広がった。新型コロナウイルス禍も重なって学校現場で不可欠な機器とみているだけに、担当者たちは「子どもたちに影響が出ないようにしたい」と情報収集に追われた。
(ここまで 190文字/記事全文 761文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧