学力アップなび

旧満州引き揚げ、苦難刻む短歌

2020/10/24 21:02
三次支局・高橋穂

三次支局・高橋穂

 旧満州(中国東北部)で戦時中を過ごした親族の過酷な引き揚げ体験を、三次市四拾貫町の元教諭藤原勇次さん(69)が15首の短歌にした。父親と離ればなれの逃避行や、乳飲み子を亡くした悲劇…。戦後75年がたち、戦争体験者の高齢化が進む中、苦難の記憶を後世に伝えている。(10月20日付朝刊)

 体験継承の熱意伝わる
(ここまで 158文字/記事全文 776文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

本を読もうの最新記事
一覧