学力アップなび

和紙原料 ミツマタ栽培

2020/11/28 20:30
松江支局・三宅瞳

松江支局・三宅瞳

 松江市八雲町で続く手すき和紙「出雲民芸紙」を伝承する安部栄四郎記念館が、ミツマタなど国産の原料が不足しているため、自家栽培を始めた。和紙作りの全工程を記録する「レシピ本」制作も進める。紙すき職人だけでなく原料、道具の生産者も減る中、「自給自足」を模索。唯一残った工房を支え、伝統工芸を未来へつなぐ。(10月7日付朝刊)

 伝統工芸 技つなぐ努力
(ここまで 177文字/記事全文 787文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

本を読もうの最新記事
一覧