学力アップなび

福山・山野小児童、隣接中学へ通学 耐震性懸念、住民が要望

2021/1/14 13:15
隣接する山野中へ通う山野小の児童

隣接する山野中へ通う山野小の児童

 福山市山野町の山野小の児童が3学期が始まった今月から、隣接する山野中に通い、授業を受けている。住民から現校舎の耐震性に懸念の声が上がり、市教委が対応した。市教委は同小の統廃合を念頭に、校舎の耐震化改修はしない方針を示している。
(ここまで 114文字/記事全文 547文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧

  • 瀬戸田の活性化、高校生学ぶ 地域商社が出前授業で紹介 (1/23)

     民間投資が進む尾道市瀬戸田町のまちづくりを地元の瀬戸田高の生徒が学ぶ出前授業が22日、同町のベル・カントホールであった。地域内外の連携が活性化の大きな流れをつくっている現状などを、市が取り組む「しお...

  • 全教広島が中3進学支援 奨学生を募集 (1/23)

     全広島教職員組合(全教広島、広島市東区)は、経済的に厳しい県内の中学3年生の進学を支えようと独自の奨学金を配る。5万円で返還を求めない給付型。新型コロナウイルスによる社会の格差や貧困が深刻化している...

  • 成人式を8月14日に開催 廿日市市教委 (1/23)

     廿日市市教委は22日、当初は今月11日に予定していた成人式を、8月14日に文化ホールウッドワンさくらぴあで開くと発表した。

  • 統合事業再開は22年度以降 江津の川波・津宮小、計画決定から10年 (1/22)

     江津市は、3月末に完成する新庁舎建設の影響で事業を止めた川波小と津宮小をまとめる西部統合小(仮称)の新設について、事業の再開を2022年度以降とし、22年5月ごろの市長選後に事業スケジュールを決める...

  • 私立高の志願倍率5・08倍 岡山県内選抜1期 (1/22)

     岡山県私学協会は21日、県内の私立高21校が共通日程で実施する選抜1期入試の出願状況を発表した。平均志願倍率は5・08倍で前年より0・27ポイント低くなった。同協会は、新型コロナウイルスの感染再拡大...