学力アップなび

個別試験へ、悩むより勉強 大学共通テスト第1日程終了

2021/1/17 19:45

 大学入学共通テストの第1日程が17日に終わった。受験生は、ほっと一息つきたいところだが、国公立大の前期日程(2月25日〜)、私立大の一般選抜(同1日〜)はすぐにやってくる。共通テストの自己採点結果を踏まえて出願先をどう決めるのか、各大学の個別試験対策はどう進めていくのか。保護者も含め、この時期の注意点や心構えを紹介する。

大学入試共通テストの問題・解答はこちらから

 【受験生へ】生活リズム整え復習しよう 受験先の決定へ考えを整理

 2日間にわたった共通テストから一夜明け、自己採点が済んだ人の中には気持ちが落ち着かない人がいるだろう。結果が思わしくなくて落ち込んだり、志望校に合格できるか不安が募ったり。広島県内で学習塾「長井ゼミ」「長井ゼミハンス」を主宰する心療内科医、長井敏弘さんは「今、結果に翻弄(ほんろう)されるのは意味がない」と言い切る。

 まずは大手予備校などが合格可能性などを示す分析資料が出るのを待とう。今回は共通テストの導入初年度である上、新型コロナウイルス感染拡大で志望動向に変化がある。前回の大学入試センター試験のデータは、あまり参考にならないと考えた方がいい。
(ここまで 494文字/記事全文 1494文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 昨年の広島大の個別試験で開始を待つ受験生(2020年2月25日、東広島市)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

高校生の最新記事
一覧