学力アップなび

福山市、出生児給付4月2日以降も 独自コロナ対策、一律1人5万円

2021/2/3 14:57

 新型コロナウイルスの緊急経済対策として国が一律10万円を配った特別定額給付金に絡み、福山市がことし4月2日以降に生まれる子にも一律5万円を支給する方針を固めたことが2日、分かった。新型コロナの収束に見通しが立たない中、子育て世代を応援する狙い。関連経費約2億円を盛り込んだ2021年度当初予算案を今月22日に開会予定の市議会定例会に提出する方針。
(ここまで 174文字/記事全文 450文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧

  • 小中高の運動会「無観客開催を」 呉市教委 (5/16)

     政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を広島県に出したのを受け、呉市教委は全61の市立小中高校に対し、運動会、体育大会を開く際、無観客とするよう通知した。通知は14日付。 

  • 女子個人戦で川西さんV 高校将棋広島県予選開幕 (5/16)

     将棋の第57回全国高校選手権広島県予選(日本将棋連盟、県高文連、中国新聞社など主催)は15日、広島市中区の中国新聞ビルで2年ぶりに開かれた。新型コロナウイルス禍の「3密」を回避するため、初めて2日制...

  • 移住サポート役、育児世代を募る 廿日市の市民団体 (5/15)

     廿日市市で若い女性のサポート活動などに取り組む市民団体「Firste(ファステ)」が、同市への移住を検討している人を支援する「移住コンシェルジュ」を募集している。主に子育て世代を対象に、情報発信や移...

  • 子ども食堂支援2者へ各200万円贈る 中国新聞社会事業団 (5/14)

     中国新聞社会事業団(山本一隆理事長)は13日、公益財団法人ひろしまこども夢財団(広島市中区)とNPO法人広島こども食堂支援センター(同)にそれぞれ200万円を贈った。4月に受け付けを始めた「子ども食...

  • 広島県高校総体15日開幕 2年ぶり開催、32競技1万1000人参加 (5/14)

     広島県内の高校生スポーツの祭典、県高校総体が15日に開幕する。昨年は新型コロナウイルスの影響で初めて中止され、2年ぶりの開催。32競技に約1万1千人が参加し、大半の競技で夏の全国高校総体(インターハ...