学力アップなび

ナベヅルの里 営み脈々

2021/2/6 20:43
周南支局・山本真帆

周南支局・山本真帆

 周南市東部の八代盆地は本州唯一のナベヅルの越冬地として知られる。ツルを保護する活動の歴史は国内で最も古く、毎年、小学生から大人まで住民が総出で寝床や餌場の整備に取り組んでいる。約80年前に350羽を数えた飛来数は近年、10羽前後に落ち込んだが、地域の宝である「ツルの里」を守る営みは世代を超えて受け継がれている。(1月5日付朝刊)

 飛来願い保護活動続ける
(ここまで 183文字/記事全文 710文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

本を読もうの最新記事
一覧