学力アップなび

1次で「大コケ」逆転合格した広島大生 近づく国公立大2次試験、先輩の体験談

2021/2/7 19:22
「煮詰まると、好きな古着屋に立ち寄って気持ちを切り替えた」と話す吉田さん

「煮詰まると、好きな古着屋に立ち寄って気持ちを切り替えた」と話す吉田さん

 国公立大2次試験の前期日程が25日に始まる。大学入学共通テストで思うような結果を出せず、「厳しい戦い」に挑もうと覚悟を決めた受験生もいるだろう。関門をくぐり抜けた先輩たちは、どうやってモチベーションを保ち、2次試験対策を進めたのか。広島大(東広島市)の学生2人に体験を聞いた。2人は苦戦の末の「逆転合格」を振り返り、受験生にエールを送る。最後まで自分を信じて粘り抜け、と。

 ▽小論文に繰り返し取り組む 経済学部・吉田さん

 「センター試験で大コケ。やらかしてしまい、絶望しました」。経済学部1年吉田優成さん(19)=広島市安佐北区=は、昨年の大学入試センター試験(現大学入学共通テスト)を自己採点した直後の心境を振り返る。得意の社会で思うように得点できず、理科では問題を読み飛ばしてしまうミスもあった。
(ここまで 351文字/記事全文 1872文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「大学では、さまざまな出会いが待っていますよ」と受験生を励ます占部さん
  • 入江智史代表
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

まなびの最新記事
一覧