学力アップなび

徳山大が7年ぶり定員割れ 定員の65%「戦略的改革の結果」

2021/4/1 12:57

 徳山大(周南市)は2021年度の入学予定者が182人と定員の280人を大きく下回る見通しを明らかにした。定員割れは7年ぶり。設置者を周南市に変更する市立化の検討が進む中、大学はスポーツ特待生を減らすなど「戦略的な改革の結果」と説明する。
(ここまで 119文字/記事全文 467文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧