学力アップなび

肌着などに校則、反響続々 「改善を」「ルール必要」

2021/4/4 19:18

 ▽専門家「生活指導、学校任せ脱却を」

 広島県内の公立高の校則について取り上げた3月28日の記事に対し、無料通信アプリLINE(ライン)などで保護者や教員たちから反響が寄せられた。「肌着の色の点検はおかしい」などと改善を求める声がある一方、「具体的なルールが必要」とする意見も。専門家は「学校任せにせず、生徒や保護者、地域が一緒になってより良いルールづくりを進める必要がある」と提言する。

 【データベース】学校ごとの校則が分かる「みんなの校則」

 中国新聞は、全日制88校の「生徒指導規程」などを基に調査。全体の6割が肌着やインナーの色柄を白などと指定し、3割弱が天然パーマなどの生徒に「地毛登録」をさせている現状を伝えた。

 「身だしなみの指導は大切だが、白に限る必要があるでしょうか」。県立高に娘を通わせる40代の母親は「下着の点検は本人も嫌がっていた。ただ、たてついて目を付けられるのが心配で、これまで声を上げられなかった」と嘆く。
(ここまで 417文字/記事全文 1329文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

まなびの最新記事
一覧