学力アップなび

高校再編や特色づくり 山口県教委の検討協、議論開始

2021/6/11 12:44

 県立高の再編や特色ある学校づくりの柱となる新たな「県立高校将来構想」の検討協議会が、山口県庁で初会合を開いた。中学校の卒業者の減少や教育環境の変化を受け、2015〜24年度の第2期構想の満了を待たずに22年度から10年間の構想を本年度中にまとめる。
(ここまで 125文字/記事全文 436文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧

  • 公私立区別なく研修へ 山口県教委の乳幼児支援センター (6/12)

     乳幼児の教育と保育の質を高めようと、山口県教委が4月に設けた「乳幼児の育ちと学び支援センター」の運営を考える協議会は11日、県庁内で初会合を開いた。

  • 尾道・土堂小の仮校舎、市民が監査請求 (6/12)

     尾道市西土堂町の土堂小校舎が近くの千光寺公園グラウンドへ9月に仮移転するのを受け、市民でつくる「土堂小学校存続を願う地域の会」が11日、仮校舎の契約解除を求める住民監査請求をした。仮移転せずに現校舎...

  • 子ども医療費の統一助成制度を 広島市長が政府要望 (6/11)

     全国20政令指定都市でつくる指定都市市長会で厚生・労働部会部会長を務める広島市の松井一実市長は10日、全国統一の子ども医療費助成制度を政府としてつくるよう、大隈和英厚生労働政務官に要望した。地方自治...

  • 高校再編や特色づくり 山口県教委の検討協、議論開始 (6/11)

     県立高の再編や特色ある学校づくりの柱となる新たな「県立高校将来構想」の検討協議会が、山口県庁で初会合を開いた。中学校の卒業者の減少や教育環境の変化を受け、2015〜24年度の第2期構想の満了を待たず...

  • 土堂小、現地存続を請願 尾道市議会に保護者の一部 (6/10)

     尾道市西土堂町の土堂小校舎が近くの千光寺公園グラウンドへ9月に仮移転するのを受け、同小の保護者の一部が9日、2024年度末までの移転期間終了後は校舎を現在地に戻すよう求める請願書を市議会に提出した。