学力アップなび

公私立区別なく研修へ 山口県教委の乳幼児支援センター

2021/6/12 11:44

 乳幼児の教育と保育の質を高めようと、山口県教委が4月に設けた「乳幼児の育ちと学び支援センター」の運営を考える協議会は11日、県庁内で初会合を開いた。
(ここまで 75文字/記事全文 344文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧

  • 英語で意見発表 高校生国際会議、28日にオンラインで (7/24)

     広島県内の高校6校の生徒が準備してきた国際会議「HIP HOPE Conference」が28日午前10時半〜午後3時半に、オンラインである。国泰寺高(広島市中区)を運営本部とし、国内外の高校生とつ...

  • 子ども見守り35年に感謝、警察庁が表彰 笠岡の小見山さん (7/23)

     岡山県警の委嘱を受けて35年間、児童生徒の見守りなど交通安全活動に尽力した笠岡市神島の小見山白帆さん(86)に警察庁から警察協力章が贈られた。ことしは全国で41人、県内では小見山さんだけが表彰された...

  • 子の安全へ冊子贈る 益田市教委に公衆電話会支部 (7/23)

     公衆電話の管理受託者でつくる日本公衆電話会島根支部は、益田市教委に、災害や事件事故から身を守るための「こども手帳」や、インターネット利用の注意点を紹介する「ネット安全ガイドブック」を贈った。休みに入...

  • いこーれがオープン 府中、多目的にぎわい拠点 (7/22)

     府中市は21日、同市府川町の府中天満屋リニューアルオープンに合わせて、同店2階に市の多目的スペース「i―coreFUCHU(いこーれ ふちゅう)」を開設した。記念式典を開き、JR府中駅周辺のにぎわい...

  • パラ代表・田口先輩と交流 竹原の大乗小、オンラインでエール (7/21)

     竹原市高崎町の大乗小1〜6年生62人が20日、同校出身で東京パラリンピックのゴールボール男子日本代表、田口侑治選手(30)とオンラインで交流し、メダル獲得へエールを送った。