学力アップなび

医療的ケア児に新助成 三次市方針、訪問看護の時間延長料

2021/11/24 11:41

 三次市は、人工呼吸器の装着や、たん吸引などを日常的に必要とする「医療的ケア児」の訪問看護で、公的医療保険の対象から外れて自己負担となっている時間延長分に対する補助制度を新設する方針を決めた。12月3日開会予定の市議会定例会に提案する2021年度一般会計補正予算案に、関連経費42万円を盛り込む。
(ここまで 148文字/記事全文 458文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てのページの最新記事
一覧

  • 感染防止徹底、共通テスト2日目終了 中国地方 (1/17)

     大学入学共通テストは2日目の16日、中国地方の40大学54会場で理科と数学の試験があった。新型コロナウイルスの「オミクロン株」が急拡大する中、各会場では初日に続き感染防止策が取られた。同日、気象庁が...

  • 無料こども食堂 下松で15・29日 (1/14)

     下松市の市民団体「みんな食堂アルトス」は15、29の両日午前11時〜午後1時半、同市楠木町のカトリック下松教会でこども食堂を開く。15日はギョーザ弁当50食のほか、米やお菓子、牛乳などの食品を無料配...

  • 加茂小・中の校名引き継ぐ 23年春統合、準備委が決定 (1/14)

     来年4月に福山市加茂町と山野町の3小学校と3中学校を各1校に統合する市教委の計画に向けた開校準備委員会が12日夜、同市加茂町の加茂小で初会合を開いた。校舎を使う予定の加茂小と加茂中の校名、校歌、校章...

  • 八次小14日から臨時休校 三次市教委が発表 (1/14)

     三次市教委は13日、八次小(畠敷町)の児童1人が新型コロナウイルスに感染したため、同校を14日から臨時休校すると発表した。17日から再開する。 

  • 筆の町で通学路に座右の銘 広島・熊野第一小、3月まで展示 (1/13)

     熊野第一小(広島県熊野町)の6年約100人が、座右の銘を筆でしたためた。地元の老人クラブ「中溝千歳会」が企画し、学区内の公園や通学路に掲示している。