くらし

自慢のマイマスク

  • 新型コロナウイルスの感染が広がり、マスクの品薄が続く中、「マイマスク」を手作りする人が増えています。くらし面で手作りのマスクや、そのマスクを着けた読者の写真を募ったところ、多数の写真が寄せられました。添えられたメッセージとともに紹介します。

  • 對馬佐和子さん(広島市安佐南区) (5/8)

     デニムマスクを作成しました。デニムとコーディネートし、安心して外出できる日を早く迎えたいです。

  • 賀志谷忍さん(尾道市) (5/8)

     大好きなカープの応援に行けないので、カープマスクで気持ちを共に。表地にカープ手拭いを使いました。

  • 藤田美智子さん(広島市佐伯区) (5/8)

     絞りのハンカチで折り畳んだだけの簡単マスク。世界中でガマン。みんなでガマン。

  • 片桐恵美さん(福山市) (5/8)

     ママのマスクと、ディズニーのサングラスで。おうちのまわりをクルクル。今は、お出掛けは我慢します。

  • 竹井ちひろさん(広島市安佐南区) (5/8)

     マスクの洗濯がストレスになりそうなので、使い捨てマスクを作っています。

  • 坂本未紗さん(福山市) (5/4)

     お花みたいな笑顔いっぱい咲く日常に、1日も早く戻りますように・・・。願いを込めて可愛いお花をつけました。

  • ももちいなの箱さん(広島市安佐南区) (5/4)

     手芸店で働いてます。少しでもお役に立てればと40人余りの方たちにワークショップでマスクを作って頂きました。完成した時のみなさんの笑顔は、きっとコロナに打ち勝つであろうと信じています。

  • 庄原カープ三人娘さん(庄原市) (5/4)

     コロナにかからないように、STAY HOMEで頑張っています。早く学校に行きたいです。家庭科で作る予定だったマスクが休校で作る事ができなくなりました。母と表裏色違いのおそろい家用マスクを作りました。...

  • おだひろこさん(広島市南区) (5/4)

     みんなで知恵を共有すれば、ステイホームも工夫次第。今だからこその楽しみ方。

  • いくちゃん(広島市安佐南区) (5/4)

     くらし面のプリーツマスクの作り方を見て、家に眠っている材料で作りました。刺繍もつけて、ルンルンのマスクファッションで新型コロナに負けないぞ。