くらし

医療の常識、平成で変わる 広島県内の医師3人に聞く

2019/5/1 10:15
伊藤公訓診療教授

伊藤公訓診療教授

 病気の治療法や健康に関する常識は、時代とともにダイナミックに変わってきた。平成の30年間にも、さまざま分野で大きく進歩した。令和時代の始まりに当たって広島県内の医師に、医療の進化を振り返ってもらった。(鈴木大介、衣川圭)
(ここまで 111文字/記事全文 1695文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • ピロリ菌の電子顕微鏡写真
  • 藤井康史院長
  • 泰昌子医師
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧