くらし

[拡大版]家では勉強しない息子

2019/2/4 15:07

 息子が家で勉強しない―。小学5年の長男の受験に悩む広島市南区の会社員男性(44)の悩みに、多くの意見や助言が寄せられました。10代の子どもたちから塾の講師の声まで、今回は拡大版で伝えます。

 「息子は受験まであと1年なのに、家で勉強しません。自ら受験したいと言い出し、塾に行くのも嫌がらず、志望校も自分で決めました。けれど塾のない日は遊んでばかりで、予習復習をさぼります。テストは漢字や計算ミスなど、ちゃんと勉強すれば防げる間違いだらけです。どうすればやる気を出すでしょうか」

【子どもから】同級生や先輩が応援の声

★ライバルと点数を競争

 僕も中学受験をします。ライバルの様子が分かった方が「負けないぞ」という気持ちが高まるので、同じ志望校の人とテストの点数を比べてみてはどうですか。僕も友達のテストの順位を確認します。(呉市・小学5年男子・11歳)

★いろんな勉強法 試して

 僕も小学生の頃は遊んでばかりでした。中学生になり、自分に合った勉強法を見つける大切さを感じています。50分勉強して10分休んだり、音楽を聴きながら勉強してリフレッシュしたり。好きな時間に無理なく学べる通信教育もいいですよ。いろんな方法を試してみてください。(広島市西区・中学1年男子・13歳)

★学んだこと 将来役立つ

 お父さんは「勉強しなさい」と怒っていませんか。私は父から叱られると「父が見ていない間に頑張っているのに」といらいらしました。反対に「勉強で学んだことは、社会に出ても役立つよ」と言われてからは、自習の時間が増えました。勉強と自分の未来がつながっていると思うと、やる気が出てきます。(安佐北区・中学1年女子・13歳)

【塾講師から】

★小さな成長 褒めよう

 やる気の有無とミスの多さは、切り離して考えてください。やる気を起こさせるには、以前できなかった問題が解けたなど小さな成長も見逃さず褒めることが重要です。「親が頑張りを見てくれている」という安心感が欠かせません。ミス防止には、まず間違いを印象づけましょう。前回と今回の答案を並べてなぜ間違えたか考えさせ、似たミスを繰り返していると意識させるといいですよ。(福山市・塾講師男性・33歳)

★受験 いま一度確認を

 受験してほしいという親の思いを知った子どもが、両親を喜ばせようと受験を決断したのではありませんか。中学受験は子どもの人生を左右する大事な機会ですが、ある程度の学力が備わっていなければ難しいものです。成績を基に、いま一度どうするべきか親子で語り合ってはどうですか。(呉市・塾講師男性・56歳)

【保護者から】

★体調面サポート

 子どものやる気が出るまで見守り、体調面のサポートに徹しましょう。私の2人の息子も中学受験の際、本番直前にスイッチが入り何とかなりました。多くの親は「このままで大丈夫なの」と同じような悩みを持つものです。あと1年も残っていますし、ピリピリしなくていいですよ。(広島市西区・主婦・47歳)

★一緒に問題解く

 親が隣に座り、勉強を見てはどうですか。私も娘が小学生の時に実践しました。先生だと聞くのが恥ずかしい質問も、親なら気軽にできたようです。遊びたい盛りの年頃です。まずは問題集1ページから一緒に解いてはどうでしょう。(安佐南区・主婦・44歳)

★目標 自覚させる

 なぜ志望校に行きたいのか、話し合いましょう。もし「友達が行くから」なら、勉強を頑張る理由としては弱いかもしれません。将来の夢など目標を自覚できるといいですね。また、両親がテレビを見ていては子どももやる気が出ません。親も漢字検定などに取り組み、勉強する雰囲気を整えてはどうですか。(東広島市・主婦・60歳)

【係から】

 「温かく見守って」という意見が大半でした。勉強時間の設定やオリジナルのドリル作りを勧める助言もありました。受験にとらわれず、友人と遊んで人間関係を築くことこそ大切だという声も。肩の力を抜き、親子で語り合えるといいですね。(福田彩乃)

【お答え待ってます】電車などでマナー違反

 電車やバスでのマナー違反が気になる広島市南区の会社員女性(27)からの相談です。

 「先日、電車で4、5人の男子中学生が床に座り込み、談笑している場面に遭遇しました。通行の邪魔になってもお構いなしで、もやっとしました。大きなリュックを背負って通路をふさいだり、満員なのに荷物を座席に置いたり…。皆さんはどんなマナー違反を不快に思いますか。見掛けた時はどうしていますか」

 回答や質問をお寄せください。〒730―8677中国新聞社文化部「よろず相談室」係▽メールkurashi@chugoku―np.co.jp▽ファクス082(291)5828へ。掲載分には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

この記事の写真

  • イラスト・大友勇人

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 退職後も料理しない夫 (2/20)

     リタイアした夫(66)に自分の食事ぐらいは作ってもらいたいという広島市佐伯区の女性(62)からの相談です。 「夫は仕事を辞めてからも全く料理をしません。私がパートからへとへとで帰ってきても、食事が出...

  • 息子がもらうバレンタインチョコ多くて…お返し憂鬱 (2/6)

     息子のバレンタインチョコのお返しに悩む広島市東区の女性(39)の相談です。 「小学5年の次男はクラスの女の子たちから、毎年バレンタインデーにチョコレートを7個くらいもらいます。高そうなチョコも、そう...

  • 一方的に話す夫にうんざり (1/23)

     夫の一方的な話し方にうんざりしている広島市佐伯区の主婦(50)からの相談です。 「5歳年上の夫は自分ばかりしゃべりたがります。話題は、自分が好きな野球や会社での出来事など。私が聞き役に疲れていてもお...

  • カスハラ、どう対応すれば (1/9)

     客からの理不尽な要求「カスタマーハラスメント」(カスハラ)に悩む広島県北部の女性(56)からの相談です。 「美容室で働いています。1人に1回限りのサービスを強引に2回受けたがる客がいます。割引券以上...

  • 帰省自粛、お年玉どうする (12/19)

     コロナ禍で帰省が難しい年始、お年玉をどうするかに悩む広島市の会社員男性(45)からの相談です。 「新型コロナウイルスの感染防止のため、年末年始の帰省を諦めました。気になるのが親戚の子へのお年玉。コロ...