くらし

部下の勤務態度 どう改善

2019/4/21 15:57

 20代の部下の勤務態度に悩む会社員男性(52)からの相談です。

 「期限を過ぎた仕事があっても定時に帰り、周囲の状況を考えずに有給を取ります。ミスをしても言い訳ばかりで、注意すると反発します。仕事を指示すると嫌な顔をすることもあります。最初は若いから仕方ないと思って丁寧に指導しましたが、改善しません。働き方改革を履き違えているような気がします」

【読者からの回答】

★若手を教育係にして

 信頼できる若手を教育係につけてはどうですか。部下は「仕事が分からない」「楽しくない」「上司から注意を受ける」の負の連鎖に陥っているのかもしれません。他の人と働かせてみると、意外と頑張るかもしれません。できたらしっかり褒めてあげることも重要です。(福山市・公務員男性・38歳)

★業務計画表作っては

 20代の部下は、無計画に毎日を過ごしているように見受けます。一度一緒に業務のスケジュール表を作ってみてはどうですか。表に沿って仕事をすると進行度が目に見えるので、やりがいや達成感を得られるかもしれません。(広島市西区・無職男性・74歳)

★1人で注意しないで

 あなただけが注意をすると「パワハラ」と騒がれる場合もあります。同じ部署の人たちに相談し、「皆の意見」として改善してほしい点を部下に伝えましょう。その上で、仕事の進み具合を周囲と相談してから休みを取るなど、ルールを作ってはどうでしょう。(下松市・パート女性・42歳)

★欠点だけ見ず 長所も

 私も20代の頃、上司に𠮟られるたびに落ち込んで、だんだん会社に行きたくなくなりました。欠点ばかりでなく長所も見て、認めてあげてください。そうすれば、自信が付いて勤務態度も変わると思います。(呉市・主婦・34歳)

★大きな失敗が経験に

 厳しいようですが、思い通りにやらせて、大きな失敗を経験させることも大事ではないでしょうか。失敗を踏まえ、2人で話し合う時間をつくって指導しましょう。失敗が身にしみて初めて、部下の働き方が改善するように思います。(岩国市・無職男性・65歳)

【係から】

 厳しく𠮟るより、忍耐強く部下のやる気が出るように促す方が、部下は成長するとの考え方が多数を占めました。人手不足の時代。目の前の人材を生かすには、管理職や上司の側に、より高度なスキルが求められているのかもしれません。(標葉知美)

【お答え待ってます】退職の夫 どう外出促す

 今春、再雇用先を退職してから毎日家にいる夫に戸惑う福山市の主婦(62)からの相談です。
 「65歳の夫は、することがないと言ってずっと家にいます。『テレビのリモコンは』『昼飯は』と頻繁に呼ばれ、手間が掛かって大変です。このままでは夫婦関係が悪くなりそう。趣味やアルバイトなど自分の世界を見つけて外出してほしいのですが、どのように促せばよいでしょうか」

 回答や質問をお寄せください。〒730―8677中国新聞社文化部「よろず相談室」係▽メールkurashi@chugoku−np.co.jp▽ファクス082(291)5828へ。掲載分には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 退職後も料理しない夫 (2/20)

     リタイアした夫(66)に自分の食事ぐらいは作ってもらいたいという広島市佐伯区の女性(62)からの相談です。 「夫は仕事を辞めてからも全く料理をしません。私がパートからへとへとで帰ってきても、食事が出...

  • 息子がもらうバレンタインチョコ多くて…お返し憂鬱 (2/6)

     息子のバレンタインチョコのお返しに悩む広島市東区の女性(39)の相談です。 「小学5年の次男はクラスの女の子たちから、毎年バレンタインデーにチョコレートを7個くらいもらいます。高そうなチョコも、そう...

  • 一方的に話す夫にうんざり (1/23)

     夫の一方的な話し方にうんざりしている広島市佐伯区の主婦(50)からの相談です。 「5歳年上の夫は自分ばかりしゃべりたがります。話題は、自分が好きな野球や会社での出来事など。私が聞き役に疲れていてもお...

  • カスハラ、どう対応すれば (1/9)

     客からの理不尽な要求「カスタマーハラスメント」(カスハラ)に悩む広島県北部の女性(56)からの相談です。 「美容室で働いています。1人に1回限りのサービスを強引に2回受けたがる客がいます。割引券以上...

  • 帰省自粛、お年玉どうする (12/19)

     コロナ禍で帰省が難しい年始、お年玉をどうするかに悩む広島市の会社員男性(45)からの相談です。 「新型コロナウイルスの感染防止のため、年末年始の帰省を諦めました。気になるのが親戚の子へのお年玉。コロ...