くらし

ベランダにごみ投げ込まれる

2019/5/19 16:05

 マンションのベランダに物が投げ込まれることに悩む広島市西区の会社員男性(45)からの相談です。

 「最近、自宅のベランダに、たばこの吸い殻やごみが頻繁に投げ入れられています。特に吸い殻は火災につながらないかと不安です。おそらくどちらかの隣の住人による行為で、カラスではないと思いますが、目撃していないので確証はありません。捨てている住人を突き止め、やめさせたいのですが、いい方法はないでしょうか」

【読者からの回答】

★防犯カメラを設置

 まずは、誰がやっているのか確かな証拠を押さえてください。防犯カメラを設置してはどうですか。最近は安価なものや、暗い場所でも写るタイプもあるようです。証拠があれば「あなたがやった」「私は違う」といった水掛け論や、関係ない人を犯人と勘違いすることも避けられます。捨てている人を突き止めたら、警察に相談しましょう。不法投棄は犯罪です。(広島市南区・無職男性・64歳)

★管理組合に任せて

 管理組合に対応をお願いするといいですよ。自分で犯人を捜して注意すると、相手との関係が悪化して住みにくくなるかもしれません。私もマンションで、上の階から落ちるたばこの吸い殻やごみに悩んだことがあります。管理組合に頼むと、ベランダでの喫煙やポイ捨て禁止を呼び掛ける紙を全戸に配ってくれ、ずいぶん減りました。(広島市中区・主婦・72歳)

★看板・張り紙が有効

 人目に付かないときに捨てているのでしょうから、その場を押さえて相手に抗議するのは難しそうですね。ひとまず「ここへごみや吸い殻を捨てないでください」と看板か張り紙をして、迷惑しているとはっきり伝えてはどうですか。(呉市・無職男性・83歳)

★「監視」をアピール

 「ごみが捨てられているかどうか、いつも注意深く見ている」とアピールし、相手にばつが悪いと思わせると効きますよ。わが家は一軒家ですが、外にある溝に、よくたばこの吸い殻が捨てられていました。毎朝点検し、掃除していました。もし火事が起こったら証拠になると思い、保管もしました。それを続けていると、いつの間にか捨てられなくなりましたよ。(福山市・主婦・64歳)

★花を植えて対抗を

 不快ですね。ガーデニングを始めて、ベランダを花でいっぱいにしてはどうでしょう。きれいな場所だと相手も良心が痛み、ごみを捨てにくいと思います。色とりどりの花に質問者の心も和み、一石二鳥になるかもしれませんよ。(広島市安佐南区・主婦・55歳)

★すだれで囲っては

 ベランダをしばらくの間、すだれで囲ってはどうですか。カラスのいたずらという可能性もまだ捨てきれません。相手が鳥であれ人であれ、投げ入れる隙間がなければ、ごみが入ってくるのを防ぐことはできます。もし誰かが故意に捨てているとしても、すだれで覆われていれば諦めるかもしれません。(府中市・無職男性・74歳)

【係から】

 似たような経験のある人から、管理者や警察への相談を勧める意見が目立ちました。悪いのはもちろん捨てている相手ですが、直接注意してさらなるトラブルにつながるのを避けるためのようです。誰か助けになってくれる人がいて、早く問題が解決することを祈ります。(福田彩乃)

【お答え待ってます】母の死後 交際始めた高齢の父

 母親の死後、別の女性と交際を始めた高齢の父親に悩む尾道市の会社員女性(53)からの相談です。

 「おととし母が亡くなったばかりなのに、80歳近い父が他の女性と交際を始めました。腹が立ち、父に別れるよう言いましたが、付き合い続けています。高齢ですし、亡き母をしのんで過ごしてほしい。それに頑固な父を懸命に支えた母を思うと、納得できません。家族一同、ショックを受けています。私たちの気持ちを分かってもらい別れてもらうには、どうすればいいでしょう」

 掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「よろず相談室」は、日頃もやもやするする悩みを毎回取り上げ、読者の皆さんから寄せられた「私はこうしている」「こんなふうにしたらうまくいった」など回答を紹介するコーナーです。あなたの悩みや回答をぜひお寄せください。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞「よろず相談室」係

    ファクス

    中国新聞「よろず相談室」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 友人の孫自慢、うんざり (5/8)

     友人の孫自慢に閉口する広島市の70代主婦からの相談です。 「友人は自分の幼い孫をやたら自慢します。無料通信アプリLINE(ライン)で写真や動画を続けて送ってきて、気がめいりそう。会ったこともない子ど...

  • 【拡大版】自転車マナー、注意点は (4/17)

     いつもの自転車の乗り方が歩行者の迷惑になっていないだろうか―。広島市西区の会社員男性(27)からの相談に60件を超す意見が寄せられました。あらためて自転車の運転マナーをおさらいしながら、今回は拡大版...

  • 夫の会社の「夫人会」が嫌 (4/3)

     夫(56)の会社の「夫人会」という組織に悩む広島県の会社員女性(45)からの相談です。 「夫の会社には、男性管理職の妻でつくる夫人会があります。食事会や夫の仕事を支える方法を学ぶ研修会がありますが、...

  • 職場復帰 3年のブランク 「プレッシャーに心が折れそう」 (3/20)

     3年ぶりに職場復帰して仕事のブランクに戸惑う広島市の50代会社員女性からの相談です。 「家庭の事情で3年ほど休んでいた職場に復帰しました。事務系の部署ですが、メンバーも仕事内容も随分変わり、戸惑って...

  • 離婚した娘が戻り生活一変 (3/6)

     離婚して実家に戻った娘(32)との生活に悩む広島市安佐北区の女性(66)からの相談です。