• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 1人暮らしの知的障害者に迫る 宍戸監督の映画「道草」、広島で1日から公開

くらし

1人暮らしの知的障害者に迫る 宍戸監督の映画「道草」、広島で1日から公開

2019/5/26 19:33
ドキュメンタリー映画「道草」の一場面。介護者とブランコに乗る亮佑さん=左

ドキュメンタリー映画「道草」の一場面。介護者とブランコに乗る亮佑さん=左

 地域で1人暮らしをしている重度の知的障害者の日々に迫るドキュメンタリー映画「道草」が、6月1日から広島で公開される。撮影中に相模原市の障害者施設で殺傷事件が起こり、命を取り留めた被害者とその両親も映画に登場する。「命の在り方や日常を見つめ直すきっかけになれば」と宍戸大裕(だいすけ)監督(37)は思いを語る。
(ここまで 155文字/記事全文 1222文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 「道草という題名には、『はみ出していこう』というポジティブな思いを込めた」と語る宍戸監督
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧