くらし

<お題>きょうだいの子育て、どう向き合う?

2019/5/27 20:52

 新年度を迎える春は、幼稚園入園や小学校入学の子に親がかかりきりになりがちです。おのずと、ほかのきょうだいと過ごす時間が減ります。「下の子が朝保育園に行く前に泣き続けた」「抱っこをしつこくせがむようになった」などの声も聞こえてきます。親も忙しく、ついイラッとして悪循環になることも。年の近いきょうだいの子育て、皆さんはどんなふうに向き合っていますか。

 ▽読者から

 ■1対1でお風呂

 年子の姉妹の母親です。平等に育てようと心掛けていますが、どちらかに手がかかる場合もあります。そんなときは、1日置きにそれぞれと1対1でお風呂に入り、スキンシップを取りながら話をします。体格差もあまりなく、服や持ち物は取り合いなどトラブルのもとになるので同じものを買います。おそろいを着るとかわいいので、母親としても子育てが楽しくなります。(呉市・非常勤講師女性・37歳)

 ■子と一緒に遊ぶ

 3人の子育てを経験しました。誰かが寂しさを感じていると気付いたら、その子となるべく遊ぶようにしていました。幼児期は、抱っこで絵本を読み、積み木やパズルを楽しみました。成長やその子の好みに合わせてごっこ遊びやボール遊び、ゴム跳びもしました。料理や掃除の片手間ではなく、30分でもしっかり向き合ってあげましょう。親が面倒くさそうにしていると、子どもは見抜いて余計に機嫌が悪くなります。(広島県熊野町・パート女性・51歳)

 ■気持ちを伝える

 4人を育てています。下の子の世話で大変なのに上の子たちにぐずられたときや、1人にかかりきりにならざるを得ないときは、「お母さんは今○○ができない」「いっぱい言われて困ったな」と正直な気持ちを伝えます。ある程度大きくなると親も完璧な人間ではないことを子どもは理解します。寂しい気持ちは一時的なものなのであまり気にせず、おおらかに構えていいと思います。(広島県北広島町・自営業女性・37歳)

 ■それぞれ褒める

 この春、次男が小学校に入学し、朝はほぼ付きっきりで支度を手伝っています。3歳上の長男には、弟の髪の毛の寝癖を直してもらうなどお世話をお願いしています。長男には「きれいになったね。ありがとう」。次男には「じっとできてえらいね」とそれぞれを褒めます。そのおかげか、長男は自尊心や責任感、弟をかわいいと思う気持ちが増したようです。次男も以前より兄を慕うようになり、よいサイクルができています。(広島市佐伯区・主婦・39歳)

 ■父親とも連携を

 共働きだったわが家では、妻は仕事と家事の両立でいっぱいいっぱい。夫の私は子育てに向き合わず、仕事を優先して過ごしました。3人の子どもは、親と過ごす時間が少なかったからか助け合って元気に成長してくれました。ただ、今思えばもっと育児に関わっていればよかった。今の時代、母親が1人の子の世話で忙しいときは、父親が他のきょうだいをみるような連携プレーができたらいいと思います。(広島市安佐北区・無職男性・63歳)

 ▽専門家から

 ■「求めは何か」考えよう カウンセリングルーム心奏ここかな代表 公認心理師・高見千加子さん(広島市中区)

 子育て支援の場や個別のカウンセリングで長年、親の相談に応じてきました。子どもはどんなときも、親の気を引きたいもの。兄弟姉妹が親の注目を集めると、何をしてでも自分の方を向いてもらおうと頑張るのは普通のことです。

 だけど泣き続けられたり、ずっと抱っこをせがまれたりすると親は疲れますよね。そんなときは「きょうだいを平等に扱おう」と頑張るより、ぐずっている子の表情などから「その子」がいま何を求めているのかを考えましょう。

 抱っこを求められたら、一瞬でもぎゅっと抱きしめてあげてください。寂しがっているようなら「あなたのことが大好き」と伝えるのもいいですね。親が自分を大切に思っていると分かれば、子どもの心はずいぶん満たされます。

 一方、親も心に余裕が持てないときがあります。「私を困らせる嫌な子」などと感じる場合は、育児疲れがたまっているのかもしれません。親のストレスは子どもに伝わります。家族に子どもを預けて外出したり、信頼できる友人や子育て支援機関に相談したりして、1人で抱え込まないようにしましょう。

 ▽担当記者から

 きょうだいへの対応で同じように悩んだ経験のある親からの意見が目立ちました。私も2人の娘がいます。常に「平等に」と自分に言い聞かせてきましたが、皆さんの意見に接し、ほどほどでいいと安心しました。それぞれの子どもの性格に合った対応を工夫できるといいですね。(標葉知美)

 ▽次回のお題は

 ■育児中の同僚、優遇どこまで

 仕事の出番のシフトで「子どもがいるから優遇して」との考えをどう思いますか。呉市の女性は、シフトを頻繁に変える同僚に悩んでいます。同僚は「当然でしょ」という態度で、子どもの運動会や文化祭だけでなく部活の応援のときも仕事を休むそう。代わりに働く人の都合もお構いなしで、「困る」と伝えると逆に「ハラスメントだ」と攻撃される、とのことです。皆さんの職場では、うまくいっていますか。

この記事の写真

  • 高見千加子さん
  • チョキチョキ楽しいな=佳央(かお)ちゃん、広島市中区

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「子育てカタリバ」は、乳幼児の子育てや仕事と育児の両立などについて、率直に語り合う場にしていきたいと思います。無料通信アプリLINE(ライン)で投稿ができる「中国新聞くらし」のアカウントもできました。郵送やメール、ファクスでの投稿もお待ちしております。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞文化部「子育てカタリバ」係

    ファクス

    中国新聞文化部「子育てカタリバ」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てカタリバの最新記事
一覧

  • <お題>「ペット飼って」と言われたら (2/15)

     新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いて子どもがイベントに参加したり友達と遊んだりするのが難しい中、子どもにせがまれてペットを飼うことを検討する家庭もあるでしょう。ただ、散歩や餌やりなどの世話に子ど...

  • <お題>きょうだい、平等に愛せている? (1/11)

     「きょうだいを平等に愛せていないのではないか」と自分を責め、戸惑うことはありませんか。親と同じ短所がある子どもが何となく疎ましいとか、甘え上手な子どもばかりをかわいく感じてしまうケースがあるようです...

  • <お題>「勉強しなさい」強く言う? (12/14)

     子どもに勉強をさせようと、情熱的になり過ぎることはありませんか。「何時になってでもやりなさい」と強く迫ったり、そばで教えながら、九九やひらがなが覚えられない子どもを「こんなに簡単なことができないの」...

  • <お題>2人目不妊治療をしたい (11/9)

     助成制度の拡充が検討されている不妊治療。1人目だけでなく2人目の子どもがなかなかできず、治療を選ぶ人もいます。今いるわが子に「きょうだいをつくってあげたい」と思うだけでなく「一人っ子はかわいそう」と...

  • <お題>親のゲーム時間、どう影響 (10/12)

     夫がスマホゲームや動画投稿サイト「ユーチューブ」に熱中し、子どもがまねをして困る―。そんな悩みが少なくないようです。逆に妻が熱中しているケースもあるかもしれません。「子どものゲームの時間を制限したい...