• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 高次脳機能障害、理解が支援の一歩 広島でセミナー、医師や家族が報告

くらし

高次脳機能障害、理解が支援の一歩 広島でセミナー、医師や家族が報告

2019/6/4 21:34
高次脳機能障害の支援について話し合ったセミナー(広島市南区)

高次脳機能障害の支援について話し合ったセミナー(広島市南区)

 外見からは症状が分かりにくく「隠れた障害」とも呼ばれる高次脳機能障害。5月下旬に広島市南区であった「高次脳機能障害セミナー」(中国新聞社主催)では、医師や作業療法士、当事者の家族らが支援の現状や課題を報告した。障害への理解を広げることが支援の第一歩になるという考えを共有した。
(ここまで 139文字/記事全文 965文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧