くらし

散歩でビンゴ、自然感じて 東広島出身・藤田さんら手掛ける

2019/6/8 19:36
おさんぽBINGO

おさんぽBINGO

 幼い子どもが散歩に夢中になる、と話題を呼んでいるビンゴゲームがある。マス目を埋めるのは数字ではなく、道中で出合う犬やタンポポなど。商品化を手掛けた一人が東広島市出身のアートディレクター藤田佳子さん(34)だ。「おうちの外で発見を楽しんで」と呼び掛けている。
(ここまで 129文字/記事全文 678文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「お散歩中の発見や会話が増えたという声が届くのがうれしい」と話す藤田さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧