くらし

<お題>育児中の同僚、優遇どこまで

2019/6/18 11:30

 仕事の出番のシフトで「子どもがいるから優遇して」との考えをどう思いますか。呉市の女性は、シフトを頻繁に変える同僚に悩んでいます。同僚は「当然でしょ」という態度で、子どもの運動会や文化祭だけでなく部活の応援のときも仕事を休むそう。代わりに働く人の都合もお構いなしで、「困る」と伝えると逆に「ハラスメントだ」と攻撃される、とのことです。皆さんの職場では、うまくいっていますか。

 ▽読者から

 ■会社がフォローを

 うちの会社は女性が多く産休や育休を推進していますが、残された社員の仕事は増える一方です。どこかの誰かが目をつぶって子育て中の社員に気を配ります。独身者や子どものいない女性の不満は大きく、現場の雰囲気は悪いです。会社が余分に働いた人の給与を増やしたり、人を増やすなどフォローするべきです。(広島市中区・会社員男性・29歳)

 ■予定を早めに提出

 うちの職場でも、遅番も休日出勤も全て幼い子どもを育児中のスタッフが優先でシフトが組まれます。優遇されるのをいいことに「子どもの調子が悪い」と急きょ申し出た休みに遊びに行く人もいて、人間不信になりそうです。こういうケースをなくすためにも育児中のスタッフに学校の年間予定表、部活動の大会や遠征のスケジュールを提出してもらうことを勧めます。そうすれば、急なシフト変更が減るのではないでしょうか。(東広島市・団体職員女性・54歳)

 ■感謝を言葉にして

 私の職場でも幼い子どもを持つパートの人が多い時期がありました。ただ、参観日などで休む人は予定を早めに伝え、「いつもありがとう」と一声かけてくれます。すると、こちらも嫌な気持ちにはなりません。代わりに働く側の気持ちを考えた感謝や断りの言葉と、謙虚な姿勢が大切だと思います。(広島市安芸区・パート女性・48歳)

 ■持ちつ持たれつ

 「持ちつ持たれつ」なので、今は育児中の同僚を優遇してあげたらよいのではないでしょうか。育児は一生のうちの何年間かです。その同僚も数年すれば、子育てが落ち着いて通常の勤務スタイルに戻るでしょう。逆に、相談者が夫や親の介護で仕事を休みがちになる日が来るかもしれません。そもそも、職場で人が足りないことが問題なんじゃないでしょうか。(東広島市・パート女性・43歳)

 ■学校行事も大切

 子育てを理由に仕事を休む人に不満のようですが、仕事を理由にPTA活動をしない人もいます。「急な仕事」を理由にPTA行事の準備や役員会に来ない人がいて困りました。あまり頻繁に欠席が続くと、「仕事」を盾に面倒な作業を避けているのではと疑ってしまいます。職場では育児中の社員が働けない時間を補うアルバイトを雇うなどし、学校行事の準備に気持ちよく送り出してあげてほしいです。(広島市安佐北区・アルバイト女性・51歳)

 ▽専門家から

 ■支え合う環境つくろう 広島県女性活躍推進アドバイザー 新中富士子さん(呉市)

 私は特定社会保険労務士で、働く女性を後押しするための講座を開いたり、企業への助言をしたりしています。今の時代、育児に限らず家族の介護、あるいは闘病しながら働く人はたくさんいます。つまり、誰にでもフルで働くことが難しくなる日が来る可能性があるのです。

 「お互いさま」の気持ちで支え合える環境づくりは、企業とスタッフ全員のメリットになる―。そんな意識改革が職場で必要でしょう。

 とはいえ、休む側が「優遇は当然」という態度では、周囲の理解を得られません。余裕を持って予定を伝え、勤務中は精いっぱい「戦力」になる。できるときは同僚を助けたり、人手不足の日のシフトに入ったりして「支え手」にもなりましょう。

 ただ、現場での解決には限界があります。社内の制度を見直すことや管理職の介入が欠かせません。交流会や職場参観日を開き、社員が互いの家族や生活を知る機会をつくるのも有効です。何が「ハラスメント」なのか、正しい知識を職場で周知することも大切。仕事量によって給与に差をつけると納得を得られやすくなります。

 ▽担当記者から

 呉市の女性に共感する声が多く、似たような問題が増えているようです。ただ「子育て女性VS周囲の社員」という対立が深まるのは避けたいもの。本音をうまく伝え合い、会社や上司も巻き込んで、みんなが納得できる解決策を探せるといいですね。(標葉知美)

 ▽次回のお題は

 ■わが子を虐待しそうで心配

 親が子どもを「しつけ」と称して虐待する事件が後を絶ちません。3人の小学生を育てる広島市の40代女性は、虐待のニュースを見ると「人ごとではない」と感じると言います。言うことを聞かないとき、かっとなって子どもをたたき、自己嫌悪に陥る―。夫や周囲に相談しても分かってもらえず、夏休みを子どもと過ごして「しつけ」がエスカレートしないか、不安でたまらないそうです。皆さんは、かっとなったときどうしていますか。「しつけ」と虐待、どう考えますか。

この記事の写真

  • 新中富士子さん
  • 私のお気に入りの場所=ひなちゃん、廿日市市

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「子育てカタリバ」は、乳幼児の子育てや仕事と育児の両立などについて、率直に語り合う場にしていきたいと思います。無料通信アプリLINE(ライン)で投稿ができる「中国新聞くらし」のアカウントもできました。郵送やメール、ファクスでの投稿もお待ちしております。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞文化部「子育てカタリバ」係

    ファクス

    中国新聞文化部「子育てカタリバ」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てカタリバの最新記事
一覧

  • <お題>「ペット飼って」と言われたら (2/15)

     新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いて子どもがイベントに参加したり友達と遊んだりするのが難しい中、子どもにせがまれてペットを飼うことを検討する家庭もあるでしょう。ただ、散歩や餌やりなどの世話に子ど...

  • <お題>きょうだい、平等に愛せている? (1/11)

     「きょうだいを平等に愛せていないのではないか」と自分を責め、戸惑うことはありませんか。親と同じ短所がある子どもが何となく疎ましいとか、甘え上手な子どもばかりをかわいく感じてしまうケースがあるようです...

  • <お題>「勉強しなさい」強く言う? (12/14)

     子どもに勉強をさせようと、情熱的になり過ぎることはありませんか。「何時になってでもやりなさい」と強く迫ったり、そばで教えながら、九九やひらがなが覚えられない子どもを「こんなに簡単なことができないの」...

  • <お題>2人目不妊治療をしたい (11/9)

     助成制度の拡充が検討されている不妊治療。1人目だけでなく2人目の子どもがなかなかできず、治療を選ぶ人もいます。今いるわが子に「きょうだいをつくってあげたい」と思うだけでなく「一人っ子はかわいそう」と...

  • <お題>親のゲーム時間、どう影響 (10/12)

     夫がスマホゲームや動画投稿サイト「ユーチューブ」に熱中し、子どもがまねをして困る―。そんな悩みが少なくないようです。逆に妻が熱中しているケースもあるかもしれません。「子どものゲームの時間を制限したい...