くらし

チェンジ!なりたい自分になる 山口ミツエさん(92)=広島市中区

2019/8/17 19:28
ワンピース(タバサ)、靴、バッグ(銀座かねまつ)、ネックレス(23区) 撮影・大川万優

ワンピース(タバサ)、靴、バッグ(銀座かねまつ)、ネックレス(23区) 撮影・大川万優

 ▽卒寿超え、なお華やかに

 応募は長女の土屋時子さん(71)=広島市中区

 母は若い頃から、着物を仕立て直してワンピースにするなどおしゃれが大好きでした。でも3年前に父を亡くしてからは、笑顔が消え、着る物も気にしなくなりました。少し元気を取り戻した今、華のある装いで一緒にデパートに出掛けたい。一瞬でも「楽しい」と感じてもらえる時間をつくりたいです。

 ▽大胆な花柄ワンピ 小物で初秋らしさ

 年齢やおなか回りを気にして、20年以上スカートをはいていなかった山口さん。診断すると、ナチュラルな「天女」の個性が強く出ました。さらに、華麗な「観音」のイメージも持っていることが分かりました。

 いつもと違う雰囲気に―。そんな娘さんの希望に沿い、今回は「観音」を強調して、欧米のマダム風スタイルに挑戦してもらいました。

 着てもらったのは、ふんわりした形の「主役級ワンピース」。ウエストを絞ったりベルトで締めたりしないデザインなら、体にストレスがかかりません。手持ちのアクセサリーと合わせていろいろなアレンジができるので、1枚で幅広く活躍してくれます。

 緩やかなAラインは、身長144センチの山口さんをすっきりした印象に見せてくれます。大胆な花柄は彩り豊かでインパクトがありますが、コットン素材なので派手過ぎません。小さなフリルのスタンドカラーとパールネックレスが顔回りに華やぎを添えます。

 靴とバッグは、あえて控えめなブラウンで統一。小物で初秋らしさと上品さをプラスしました。最後に、好みの色というラベンダーカラーで目元を彩り、ローズの口紅で仕上げれば、晴れやかさが増します。

 撮影中、山口さんは「夢のよう」とおっしゃっていました。似合う色や形を知って新しい自分に出合い、いくつになってもおしゃれを楽しんでくださいね。

 文・こすも=パルブライト・イメージコンサルタント(広島市)

この記事の写真

  • いつものスタイル
  • 【アレンジ】ワンピースをペパーミントグリーンの花柄にすると、優しい雰囲気になります。シルバーグレーのカーディガンは、露出する肌の面積をほどよく抑え、上品な印象に。アクセントに大ぶりなネックレスを添えました。ワンピース(自由区)、カーディガン(トランスワーク)、ネックレス(ミッシェルクラン)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧