くらし

ファッションセンス 自信ない

2019/9/14 19:41

 ファッションセンスに自信がない広島市西区の会社員女性(35)からの相談です。

 夏が終わり、衣替えの季節。秋を感じるコーディネートにしたいのですが、自分のセンスに自信が持てません。周りの人にも「それいいね」などと褒められたことがないんです。毎朝、出勤前に30分以上、何を着ようか迷います。買い物に行っても目移りするばかり。店員さんから「似合う」と言われても「お世辞かな」と思います。すてきな着こなしの秘訣(ひけつ)を教えてください。


【読者からの回答】

★店員さんに任せる

 私は服を買う店を決め、そこの店員さんにコーディネートを任せています。「このトップスにどんなボトムスが合うか」など、疑問を解消しながら服を買い、できれば靴もバッグも一式購入します。それらをメインに他のアイテムを取り入れると、おしゃれで困りません。試してみてください。(広島市安佐北区・事務職女性・31歳)

★マネキンをまねて

 アパレルショップの店員さんやマネキンの着こなしをまねして、センスを磨いてはどうですか。プロの人が考えた組み合わせはやっぱりすてきです。その服自体は買えなくても、似たような色、形のものを組み合わせれば、よい感じにまとまります。トレンドも取り入れられて、自分がおしゃれになった気もします。(尾道市・主婦・57歳)

★雑誌読んで参考に

 ファッション雑誌を読んではどうですか。私も、ついこの前まで服装に自信が持てませんでした。でも、自分の好みに合った雑誌を読み続けているとだんだんおしゃれが楽しくなりました。雑誌を1冊決めて参考にしつつ、自分らしいアイテムも取り入れています。今では、外出が楽しみで仕方ありません。(広島市西区・高校1年女子・15歳)

★ブログをチェック

 芸能人やデザイナーではなく、一般の人のファッションブログをチェックすることを勧めます。自分と同じような体形の人が好みの服を上手に着こなしているのを見ると、とても参考になります。逆に「これは嫌」という組み合わせもよく分かります。購入するときはインターネットのサイトは使わず、店で試着して着心地やサイズ感を確かめて買うと、納得できる服選びができますよ。(広島市東区・パート女性・33歳)

★診断サービス活用

 以前、自分に似合う色が分かる「パーソナルカラー診断」を体験し、おしゃれが楽しくなりました。最近では、骨格や体形から似合う服の素材、形、デザインまで知ることができる診断サービスもあるようです。一度専門家に見てもらうとよいのではないでしょうか。(三次市・酪農業女性・56歳)

★着心地のよい服を

 他人にどう思われるかではなく、あなた自身が着心地がよく、着ていて気持ちが晴れやかになる服を選ぶことが大切です。自信を持って、自由に服選びをすればよいと思います。(東広島市・パート女性・53歳)

【係から】

 気に入ったアパレルショップの店員に相談したり、店員の装いを参考にしたりしている人が目立ちました。シンプルな服にバッグなどの小物で自分らしさを出すという意見も。私もおしゃれに自信がないので、雑誌や同僚のコーディネートを参考にしています。(標葉知美)

【お答え待ってます】消費税10% 節約術は

 消費税率が10%に上がるのを受け、どうやってこれまで以上に節約すればいいのか悩む広島市安佐南区の主婦(40)からの相談です。

 「わが家には育ち盛りの小中学生が3人います。なるべく外食しない、移動手段は自転車をメインにするなどを心掛け、家族で地道に節約してきました。新鮮でおいしいものを食べるなど『生活の質』へのこだわりは保ちつつ、今後どうやって増税分の出費を抑えるかに頭を巡らせています。皆さんの節約術を教えてください」

 掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 退職後も料理しない夫 (2/20)

     リタイアした夫(66)に自分の食事ぐらいは作ってもらいたいという広島市佐伯区の女性(62)からの相談です。 「夫は仕事を辞めてからも全く料理をしません。私がパートからへとへとで帰ってきても、食事が出...

  • 息子がもらうバレンタインチョコ多くて…お返し憂鬱 (2/6)

     息子のバレンタインチョコのお返しに悩む広島市東区の女性(39)の相談です。 「小学5年の次男はクラスの女の子たちから、毎年バレンタインデーにチョコレートを7個くらいもらいます。高そうなチョコも、そう...

  • 一方的に話す夫にうんざり (1/23)

     夫の一方的な話し方にうんざりしている広島市佐伯区の主婦(50)からの相談です。 「5歳年上の夫は自分ばかりしゃべりたがります。話題は、自分が好きな野球や会社での出来事など。私が聞き役に疲れていてもお...

  • カスハラ、どう対応すれば (1/9)

     客からの理不尽な要求「カスタマーハラスメント」(カスハラ)に悩む広島県北部の女性(56)からの相談です。 「美容室で働いています。1人に1回限りのサービスを強引に2回受けたがる客がいます。割引券以上...

  • 帰省自粛、お年玉どうする (12/19)

     コロナ禍で帰省が難しい年始、お年玉をどうするかに悩む広島市の会社員男性(45)からの相談です。 「新型コロナウイルスの感染防止のため、年末年始の帰省を諦めました。気になるのが親戚の子へのお年玉。コロ...