くらし

人への優しさ根付く街 戦禍から復興のワルシャワ

2019/9/20 20:06
「歩行者優先」を厳守し、横断歩道の前で止まる乗用車

「歩行者優先」を厳守し、横断歩道の前で止まる乗用車

 広島交響楽団のポーランド公演に同行し、8月中旬に首都のワルシャワを訪れた。戦争の惨禍から復興を遂げた街には、「人間中心」というポーランド人の考え方が根付いている。市民の優しさが感じられる街の風景を紹介する。

 ▽歩行者優先、マナーも道路も

 「平原の国」を意味する名前が付けられたポーランド。日本の5分の4の面積の国土に約3840万人が住む。2004年に欧州連合(EU)に加盟してから始まった経済成長は今も続いており、首都には高層ビルやショッピングセンターが並ぶ。そんな街で目に付いたのが、電動キックスクーターで軽快に走る若者の姿だ。

 手軽な移動手段として市民に愛用されているらしい。市内各所にレンタル電動キックスクーターやシェアサイクル(自転車)のステーションが設けられている。

 「道路も車ではなく、歩行者や自転車などを優先して建設されている」と語るのは、下関市出身でワルシャワ大日本学科などで約50年にわたって教壇に立ってきた岡崎恒夫さん。歩道や自転車道は、車道より幅の広い設計で、自動車は横断歩道の前では必ず「歩行者優先」で停止する。子どももお年寄りも安心して道路を渡ることができる。

 東京からポーランド人の夫、息子とワルシャワに移住した日系企業勤務の寺田頼子さんは「暮らしやすい街。『お受験』に追われることなく子育てができる」と笑顔で話す。治安が良く、演劇や音楽などの文化活動も盛んだ。最近は日本企業の進出に伴って、日本人在住者が増えているという。

 ワルシャワは第2次世界大戦で壊滅状態になり、戦後に再建された。市民の情熱によって「ひび割れの一本まで」元の姿に復元された歴史地区は1980年、世界遺産に登録。訪れた時はバカンスシーズンとあって、欧州各地からの観光客で大にぎわいだった。

 親日国としても知られるポーランド。街角で日本のマンガの翻訳版を並べた「コミック専門店」を発見したほか、コンビニで普通にすしが売られていたのには驚いた。(西村文、写真も)

この記事の写真

  • レンタルの電動キックスクーターで街を走るワルシャワ市民
  • ワルシャワ市内の歩道と自転車道。車道よりも幅が広い
  • ワルシャワは演劇や音楽などの芸術活動が盛ん。街の至る所を壁画アートが飾る
  • 観光客でにぎわう歴史地区。第2次世界大戦で廃虚となったが、市民によって再建された
  • 地元のコンビニに並んでいたすしパック

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧