くらし

消費税アップ、暮らし賢く キャッシュレス決済、上手な節約術は 

2019/9/22 19:24
スマホ決済のペイペイを利用する宮本さん(右)。スマホのバーコードを店員がタブレット端末で読み取る(広島市佐伯区のアルゾ五日市利松店)

スマホ決済のペイペイを利用する宮本さん(右)。スマホのバーコードを店員がタブレット端末で読み取る(広島市佐伯区のアルゾ五日市利松店)

 10月からの消費税引き上げに備え、「キャッシュレス決済」でたまるポイントを活用し、節約を試みる消費者が増えている。スマートフォン決済や電子マネーのポイント還元率の高さが魅力という。一方でポイントを集めるのが目的になると無駄遣いにつながる可能性もある。上手に使っている人や専門家に、こつや注意点を聞いた。

 ▽高いポイント還元、特典ゲット/必要な分だけ購入、履歴見直す

 3カ月前からスマートフォン決済サービス「ペイペイ」を使い始めた広島市佐伯区のインテリアコーディネーター、宮本理絵さん(43)は「スマホ上のバーコードを読み取ってもらって払うだけで、得する」と頬を緩める。

 ずっと現金主義だったが、よく行くスーパーマーケットや薬局でキャンペーン期間中は、ポイント還元率が10〜20%になると知って驚いた。1ポイント1円相当で、ビールなどをまとめ買いし、9月中旬までに5千円分がたまった。

 国もキャッシュレス決済を広げようと旗を振る。レジの手続きが簡単になり人手不足の対策になる上、来夏の東京五輪・パラリンピックを控え、増える外国人観光客の消費を促す狙いがある。10月以降は中小の登録店舗でキャッシュレス決済を使うと5%を国費で還元するため、ポイント還元率の高さにさらに注目が集まりそうだ。

 4人の子どもを育てる広島県府中町の主婦、重黒木友美さん(41)は、6年ほど前から流通大手イオン(千葉市)が発行する電子マネー「WAON(ワオン)」を使う。現在は2種類のスマホ決済も導入し、店によって使い分ける。現金は、ほぼ持たない。

 「今の時代、ポイントをもらわないなんてお金を落としながら歩くようなもの。もったいない」

 重黒木さんがよく行くイオンスタイル広島府中(広島県府中町)では、会員が電子マネーで払うと、現金払いの2倍の200円につき2ポイントが還元される特典がある。さらに商品ごとに期間限定でもらえるボーナスポイントも見逃さない。同時に、ポイントだけではなくチラシの特売情報、他店舗の価格も頭に入れておき、「総合的に」判断する。

 重黒木さんが、キャッシュレスライフで心掛けているのは、必要なものだけを買うこと。買い物前に必ず冷蔵庫と収納棚のストックを確認。「カードやスマホで買い物すると、現金を触らないせいか金銭感覚が鈍くなる。購買欲のコントロールが要ります」と自制している。

 還元されたポイントの使い方にも、無駄な衝動買いをしないようルールを課す。電子マネーのポイントは5千円を超えるまでため、以前から買う予定のあった子ども用品などに使う。「ちりも積もれば、です。ゲーム感覚で続けて、欲しかったものが手に入る」とにこやかに語る。

 広島市南区のファイナンシャルプランナー朝原奈津枝さん(54)は「キャッシュレス決済でいいのは、購入履歴が手元に残るところ」と指摘する。定期的にチェックし、何にどれだけお金を使ったかを見直すことが大切という。「ポイント還元商戦に踊らされず、出費の枠を決めて逸脱しないことです」(標葉知美、福田彩乃)

 ■大きく分け3種類 日本、国際的には遅れ

 現金を使わないキャッシュレス決済は、主に3種類に分けられる。最近増えているのはスマートフォン決済だが、「PASPY(パスピー)」などの電子マネーや、クレジットカードも含まれる。

 とりわけスマホ決済はポイント還元率の高さから急速な広がりを見せるが、国際的にみると、日本のキャッシュレス化は遅れている。経済産業省によると、すべての決済のうちのキャッシュレス決済の割合は韓国が9割、中国が6割など高い。欧米でも4、5割の国があるが、日本は2018年時点で24.1%にとどまる。政府は25年までに4割にする目標を掲げ、対策を急ぐ。

 その一環で、消費税率が10%となる10月から来年6月末までの限定で、登録した中小店でのキャッシュレス決済に5%のポイントを還元する。中国地方では9月5日時点で約3万6千店が申請し、まだ増え続けている。

 ただ、不正アクセスなどセキュリティー上の問題もある。特にスマホ決済は、7月、コンビニ大手セブン―イレブンの「7pay(セブンペイ)」で不正アクセスによる事件が相次ぎ、廃止となった。安全対策が急がれる。

この記事の写真

  • 特売品をチェックし、冷静に買い物をする重黒木さん(広島県府中町のイオンスタイル広島府中)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧