くらし

消費税10% 節約術は

2019/10/5 20:25

 消費税率が10%に上がるのを受け、どうやってこれまで以上に節約すればいいのか悩む広島市安佐南区の主婦(40)からの相談です。

 「わが家には育ち盛りの小中学生が3人います。なるべく外食しない、移動手段は自転車をメインにするなどを心掛け、家族で地道に節約してきました。新鮮でおいしいものを食べるなど『生活の質』へのこだわりは保ちつつ、今後どうやって増税分の出費を抑えるかに頭を巡らせています。皆さんの節約術を教えてください」

【読者からの回答】

★決まった額 財布に

 食品を買うときは、財布に必ず決まった額を入れて出掛けます。家を出る前には冷蔵庫の中を見て足りないものを確認します。そうすれば予算をオーバーする心配がありません。また、もし財布に入れたお金が余ったら、いつも貯金箱に入れています。年末には数万円たまっていますよ。(安芸高田市・無職女性・70歳)

★水筒持ち歩いては

 外出先の自動販売機で、つい飲み物を買っていませんか。1・5リットルの飲み物を買い、水筒に入れて持ち歩くといいですよ。私は、近所の共同の水くみ場から天然水をもらっています。節約でたまったお金は、家族との外食や欲しい物の購入に使いましょう。楽しい予定があれば続けられます。(広島市東区・理学療法士男性・42歳)

★ネット通販を活用

 ネットショッピングを利用してはどうですか。ある程度の量を買うと送料が無料になり、クーポンがもらえることもあります。わが家は米など重い物をよく注文します。ただ、実店舗と値段を比べたり、本当に必要か考えたりして買い過ぎには気を付けています。(広島市安芸区・自営業男性・52歳)

★小まめに節水・節電

 小まめな節水や節電に取り組むといいですよ。洗濯機のすすぎが終わる2、3分前に、中の水を取り出してバケツにためれば、次回の洗濯に使えます。お風呂の水の残りは、庭の花の水やりや玄関前の水まきに使いましょう。使わない家電のコンセントを抜いたり、家族がなるべく一部屋に集まったりすれば、無理せず節電できます。(福山市・主婦・72歳)

★図書館でレジャー

 私にも小学生の娘が2人います。子連れのレジャーには図書館がお薦めです。空調が効いていて自宅のエアコン代を浮かせられるし、本を買わずに済みます。手作りおやつの本を借りて親子でおやつを作るのが楽しみになったり、娘が本好きになったりと他のメリットもありました。(周南市・パート女性・44歳)

★子どももやりくり

 家族みんなが節約を意識できるよう、時には子どもに家計を任せてはどうでしょう。千円を渡し「夕食の食材を買ってきて。お釣りはお小遣いにしていいよ」と伝えるのです。だんだん賢く買い物できるようになります。やりくりの知恵が身に付けば、自分の無駄遣いにも目が向くようになるかもしれません。(広島市安佐北区・アルバイト女性・51歳)

【係から】

 買い物のときにカートを使わず、籠を持てば買い過ぎないという工夫や、安い鶏胸肉がお薦めという助言もありました。メニューをあらかじめ決めるのではなく、特売の食材から献立を考えてというアドバイスも。小さな節約の継続が大切なようです。(福田彩乃)

【お答え待ってます】遠距離のお付き合い不安

 遠距離恋愛中の恋人と気持ちが離れないかと心配する島根県邑智郡の会社員男性(35)からの相談です。

 「転勤し、付き合っている広島の彼女と離れ離れになって3カ月。月に1、2回しか会えなくなり寂しいです。LINEや電話でやりとりはしていますが、顔が見えないと気持ちのずれが出てきそう。そのうち結婚しようと約束をしているものの、疎遠になって関係がぎくしゃくしないか不安です。遠距離のお付き合い、皆さんはどんな工夫をしていますか」

 掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 退職後も料理しない夫 (2/20)

     リタイアした夫(66)に自分の食事ぐらいは作ってもらいたいという広島市佐伯区の女性(62)からの相談です。 「夫は仕事を辞めてからも全く料理をしません。私がパートからへとへとで帰ってきても、食事が出...

  • 息子がもらうバレンタインチョコ多くて…お返し憂鬱 (2/6)

     息子のバレンタインチョコのお返しに悩む広島市東区の女性(39)の相談です。 「小学5年の次男はクラスの女の子たちから、毎年バレンタインデーにチョコレートを7個くらいもらいます。高そうなチョコも、そう...

  • 一方的に話す夫にうんざり (1/23)

     夫の一方的な話し方にうんざりしている広島市佐伯区の主婦(50)からの相談です。 「5歳年上の夫は自分ばかりしゃべりたがります。話題は、自分が好きな野球や会社での出来事など。私が聞き役に疲れていてもお...

  • カスハラ、どう対応すれば (1/9)

     客からの理不尽な要求「カスタマーハラスメント」(カスハラ)に悩む広島県北部の女性(56)からの相談です。 「美容室で働いています。1人に1回限りのサービスを強引に2回受けたがる客がいます。割引券以上...

  • 帰省自粛、お年玉どうする (12/19)

     コロナ禍で帰省が難しい年始、お年玉をどうするかに悩む広島市の会社員男性(45)からの相談です。 「新型コロナウイルスの感染防止のため、年末年始の帰省を諦めました。気になるのが親戚の子へのお年玉。コロ...