くらし

【地域と真宗寺院】<1>廃寺予備軍 93歳住職、ひとり奮闘

2019/10/6 23:25
墓参りのため福泉寺を訪れた吉川さん(右)に語り掛ける福島住職(島根県美郷町)

墓参りのため福泉寺を訪れた吉川さん(右)に語り掛ける福島住職(島根県美郷町)

 地域で住民の「心のよりどころ」となってきた寺が岐路を迎えている。中国山地では過疎と高齢化が進んで集落が疲弊し、維持できなくなってきた寺が一つ、また一つと消えている。住職のいない寺も増えている。広島県や島根県で信者の多い浄土真宗の現状を通じ、寺の役割や将来像を探る。
(ここまで 133文字/記事全文 1720文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 高田北組の住職を交え、寺の今後について話す光明寺の総代や住民たち(安芸高田市高宮町)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧