くらし

<27>酒溺れず誰かと会話を 妻亡き後は

2019/10/10 21:13
絵・沢田妙

絵・沢田妙

 親と離れて暮らす子どもたちは、両親が健在な間は、親が何歳だろうと親の暮らしにあまり関心を持たない。たとえ80代だろうと、子どもが持つ親の年齢イメージが親の元気だった60歳前後のものにとどまることが多いからだ。
(ここまで 105文字/記事全文 828文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

夕映えあとさきの最新記事
一覧

  • <78>列車への忘れ物 機械音の対応に戸惑い (2/18)

     わが家の通信手段は3種類。使う頻度が高いのは、スマートフォン、次にパソコン。固定電話もあるが、かかってくるのはセールス絡みのものばかり。だから、電話はスマホだけでいいと思い始めていた。

  • <77>マウントを取る 昔の言葉より軽い印象 (2/11)

     電車の窓側に座り、外の景色をぼんやり眺めていた。前の席には、仕事帰りらしい2人の若い女性。職場の友達のようだ。話に夢中で、声もだんだん大きくなっていく。

  • <76>オンライン討論 ついていけずに困惑 (2/4)

     コロナ禍が始まった頃、若い世代の人たちがオンラインで在宅ワークや大学の講義を受けると聞いても、自分には関係ない話と思っていた。そもそもITが不得意の自分が、オンラインで仕事をするなどあり得ないと考え...

  • <75>介護者感染への備え 不安な点は周囲と相談を  (1/21)

     コロナ禍の中、老いの坂を上る1人暮らしの高齢者は大変だ。また、老老介護で自分と要介護者の暮らしを守っている人は「要介護者付き1人暮らし高齢者」とも呼べて、さらに大変だろう。

  • <74>コロナ再拡大 老老介護の世帯に不安 (1/14)

     新型コロナウイルス感染が再び拡大し、家庭内感染が増えつつあるという。そんな中、親や配偶者の介護をしている家族は、不安を募らせているのではないだろうか。