くらし

遠距離のお付き合い不安

2019/10/19 19:52

 遠距離恋愛中の恋人と気持ちが離れないかと心配する島根県邑智郡の会社員男性(35)からの相談です。

 「転勤し、付き合っている広島の彼女と離れ離れになって3カ月。月に1、2回しか会えなくなり寂しいです。LINEや電話でやりとりはしていますが、顔が見えないと気持ちのずれが出てきそう。そのうち結婚しようと約束をしているものの、疎遠になって関係がぎくしゃくしないか不安です。遠距離のお付き合い、皆さんはどんな工夫をしていますか」

【読者からの回答】

★毎日ビデオで通話

 思わず娘のケースが思い浮かびました。毎日仕事が終わったら、遠距離でお付き合いする相手とスマートフォンでビデオ通話をしています。互いの顔を見て、夕食を見せ合うだけで、気持ちが伝わり安心できるみたいです。可能なら、毎日ビデオ通話をする約束をしてはどうですか。(広島県安芸郡・主婦・57歳)

★意識し愛ある言葉

 わたしは遠距離のお付き合いを8年ほどしていました。「いつもあなたを思っているよ」などの愛ある言葉や安心させる言葉を、意識的に口にするといいと思います。結婚の約束をしているなら、互いの友人や兄弟、家族などに紹介し、一緒にご飯を食べたりして親交を深めましょう。周りを固めておくと結婚する際もスムーズです。(広島市西区・パート女性・33歳)

★週末会ってみては

 恋人に思うように会えないもどかしさ、さぞ寂しいことでしょう。でも島根と広島です。毎週末、彼女に会いに行ってはいかがですか。大切なのは彼女が「いつも心配してくれている。愛してくれている」と感じることです。困難を克服して結ばれたカップルの絆は強固なものですよ。大丈夫。(広島市南区・無職男性・71歳)

★サプライズで行く

 私の姉は5年ほど遠距離恋愛をして結婚しました。毎日電話で連絡を取り合い、週末には広島から大分に会いに行っていました。社会人だと仕事も忙しいし、時間の余裕もなかなかありませんね。サプライズで会いに行ったら彼女もうれしいと思います。(呉市・主婦・35歳)

★おそろいのものを

 キーホルダーなど、おそろいのものを持ってはどうでしょう。高価なものでなくてもよく、2人で一緒に選ぶのがポイントです。お互いを近くに感じられるかもしれません。夫と3年の遠距離恋愛をした私は、おそろいの天然石のブレスレットを持っていました。見るたびに癒やされ、元気づけられたものです。(東広島市・パート女性・41歳)

★結婚時期決めよう

 遠距離恋愛では、気持ちまで離れそうで不安ですよね。でも、あなたが不安だと彼女も不安になります。そのうち結婚しようというのでは、女性は「いつなの?」「まだなの?」って思いがちです。明確な時期を決めると、互いに安心できるのではないかと思います。縁があれば一緒になれます。(広島市西区・パート女性・48歳)

【係から】

 お互いの顔を見て話ができるビデオ通話を勧める意見が目立ちました。自らの遠距離恋愛の経験からのアドバイスあり、結婚に向けた覚悟を促す激励あり…。相談した男性を後押しするメッセージに心温まりました。私も恋の成就を願っています。(衣川圭)

【お答え待ってます】ゴキブリ退治の秘策は

 ゴキブリが大嫌いなのに今年は多くて嫌になるという広島市東区のパート女性(45)から相談です。

 「ことしは、黒光りするアレを家の内外でよく見かけます。ゴキブリ…。涼しくなってきましたが、今でも出没します。市販のだんごで防ぎきれていません。ヤツが出てくると、夫がスプレーを持って格闘しますが、すばしっこくて逃がしてしまうことも度々。退治や防除の秘策はありますか。越冬させず、根絶やしにする方法もぜひ教えてください」

 掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「よろず相談室」は、日頃もやもやするする悩みを毎回取り上げ、読者の皆さんから寄せられた「私はこうしている」「こんなふうにしたらうまくいった」など回答を紹介するコーナーです。あなたの悩みや回答をぜひお寄せください。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞「よろず相談室」係

    ファクス

    中国新聞「よろず相談室」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 友人の孫自慢、うんざり (5/8)

     友人の孫自慢に閉口する広島市の70代主婦からの相談です。 「友人は自分の幼い孫をやたら自慢します。無料通信アプリLINE(ライン)で写真や動画を続けて送ってきて、気がめいりそう。会ったこともない子ど...

  • 【拡大版】自転車マナー、注意点は (4/17)

     いつもの自転車の乗り方が歩行者の迷惑になっていないだろうか―。広島市西区の会社員男性(27)からの相談に60件を超す意見が寄せられました。あらためて自転車の運転マナーをおさらいしながら、今回は拡大版...

  • 夫の会社の「夫人会」が嫌 (4/3)

     夫(56)の会社の「夫人会」という組織に悩む広島県の会社員女性(45)からの相談です。 「夫の会社には、男性管理職の妻でつくる夫人会があります。食事会や夫の仕事を支える方法を学ぶ研修会がありますが、...

  • 職場復帰 3年のブランク 「プレッシャーに心が折れそう」 (3/20)

     3年ぶりに職場復帰して仕事のブランクに戸惑う広島市の50代会社員女性からの相談です。 「家庭の事情で3年ほど休んでいた職場に復帰しました。事務系の部署ですが、メンバーも仕事内容も随分変わり、戸惑って...

  • 離婚した娘が戻り生活一変 (3/6)

     離婚して実家に戻った娘(32)との生活に悩む広島市安佐北区の女性(66)からの相談です。