くらし

同僚とのカラオケ楽しみたい

2020/1/11 19:53

 同僚と行くカラオケが苦手という福山市の会社員男性(45)からの相談です。

 「音痴で困っています。特に高い音だと、とんでもなく変な声が出てしまう。年末年始から3月の送別会まで、会社の同僚とカラオケに行く機会が増えます。苦手だから、場を盛り上げる選曲もできません。歌う私を放っておいて、おしゃべりされるのもつらい。2020年こそは、それなりに歌えるようになって、周りを驚かせたいという思いがちょっとあります。いい方法はありませんか」

【読者からの回答】

★1人で練習しよう

 私の場合、気に入った曲をCDで何度も聞き、歌手の声に合わせて歌います。そして、1人でカラオケボックスに行って練習します。体が曲を覚えれば、友達と行く「本番」にはリラックスして伸び伸びと歌うことができます。1人カラオケは、「ドレミの歌」など簡単な歌で音階のおさらいもできてお勧めです。(広島市東区・主婦・62歳)

★自分の音域知ろう

 相談者は音痴なのではなく、自分の出しやすい音域を知らないだけではないでしょうか。まず音域を知り、その範囲で歌える曲を選ぶと楽です。好きな曲があるなら、カラオケマシンでキーを調整してみましょう。高い音が出にくい場合は、マイナス2段階ほどキーを下げて試してみると、歌いやすいと思います。(広島市西区・カラオケ教室講師女性・68歳)

★堂々と歌えばいい

 音痴でも、堂々と歌えばいいのではないでしょうか。私が以前に勤めていた会社の忘年会で、「自称下手」な同僚が大真面目に歌った曲で大盛り上がりしたことがあります。個性的な歌い方が、その場を和ませることもあります。音程は気にせず、楽しんでください。(広島市東区・無職男性・80歳)

★専門家から指導を

 現在、声楽家の先生にボイストレーニングを受けています。全5回のカルチャー教室ですが、先生のアドバイスとトレーニングのおかげで音程も安定し、声量も増えました。声の響かせ方なども分かり、自分でもぐっと上達した気がします。改善したいと思うなら、専門家の指導を受けてみてはどうですか。(福山市・公務員女性・59歳)

★無料アプリを活用

 最近は、無料でダウンロードできるカラオケアプリがあります。私は家で時間のあるとき、携帯電話にカラオケマイクを接続して練習しています。好きな時間にできるし、お金もかかりません。誰もいない家で大声で歌って踊れば、気分もスカッとして最高ですよ。(呉市・非常勤講師女性・37歳)

★無理に歌わずとも

 歌声に自信がないので、友達とカラオケに行くときはタンバリンをたたいたり、人の歌に合わせて踊ったりしています。仲間が選んだ曲を聴きながら「いい歌だね」と感想を話すのもいい。無理をして歌わなくても、自分なりの楽しみ方を見つければよいのではないでしょうか。
(広島市安佐南区・主婦・47歳)

【係から】

 カラオケ好きの読者を中心に、約30通のお便りが届きました。上手な人と一緒に歌う、盛り上がりやすいアニメの曲を選ぶなどの助言もありました。私も人前で歌うのは苦手ですが、好きな曲を練習して久しぶりにカラオケに行きたくなりました。(標葉知美)

【お答え待ってます】息子の妻とうまくいかない

 同居する息子の妻との関係に悩む広島県の80代女性からの相談です。

 「少し前から同居を始めました。夫婦で古里に帰ってきてくれたのはうれしいのですが、息子の妻が台所仕事を取り仕切り、私は自由に家事ができなくなりました。3食作ってくれますが、食卓での会話はありません。私から話しかけても黙ってうなずくだけ。近所の人は『いい嫁だね』と言いますが、寂しいし、このままでは息が詰まりそうです。私にとっては大切な家族。どうすれば仲良くしてもらえるでしょうか」

 質問と回答の掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。次回は26日の予定です。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「よろず相談室」は、日頃もやもやするする悩みを毎回取り上げ、読者の皆さんから寄せられた「私はこうしている」「こんなふうにしたらうまくいった」など回答を紹介するコーナーです。あなたの悩みや回答をぜひお寄せください。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞「よろず相談室」係

    ファクス

    中国新聞「よろず相談室」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 友人の孫自慢、うんざり (5/8)

     友人の孫自慢に閉口する広島市の70代主婦からの相談です。 「友人は自分の幼い孫をやたら自慢します。無料通信アプリLINE(ライン)で写真や動画を続けて送ってきて、気がめいりそう。会ったこともない子ど...

  • 【拡大版】自転車マナー、注意点は (4/17)

     いつもの自転車の乗り方が歩行者の迷惑になっていないだろうか―。広島市西区の会社員男性(27)からの相談に60件を超す意見が寄せられました。あらためて自転車の運転マナーをおさらいしながら、今回は拡大版...

  • 夫の会社の「夫人会」が嫌 (4/3)

     夫(56)の会社の「夫人会」という組織に悩む広島県の会社員女性(45)からの相談です。 「夫の会社には、男性管理職の妻でつくる夫人会があります。食事会や夫の仕事を支える方法を学ぶ研修会がありますが、...

  • 職場復帰 3年のブランク 「プレッシャーに心が折れそう」 (3/20)

     3年ぶりに職場復帰して仕事のブランクに戸惑う広島市の50代会社員女性からの相談です。 「家庭の事情で3年ほど休んでいた職場に復帰しました。事務系の部署ですが、メンバーも仕事内容も随分変わり、戸惑って...

  • 離婚した娘が戻り生活一変 (3/6)

     離婚して実家に戻った娘(32)との生活に悩む広島市安佐北区の女性(66)からの相談です。