• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 広がる新型肺炎にどう備える 広島県感染症・疾病管理センターの桑原センター長に聞く

くらし

広がる新型肺炎にどう備える 広島県感染症・疾病管理センターの桑原センター長に聞く

2020/1/21 21:35
「手洗いなどがコロナウイルスの感染予防にもつながる」話す桑原センター長(広島市東区)

「手洗いなどがコロナウイルスの感染予防にもつながる」話す桑原センター長(広島市東区)

 広がる新型コロナウイルスによる肺炎に、どのように備えればいいだろうか。昨年末に中国中部の湖北省武漢市で発生し、患者が増え、死者も出ている。日本でも患者が確認された。広島県感染症・疾病管理センターの桑原正雄センター長は「さらに広がる可能性があり、動向を見守る必要がある」と言う。一般的なインフルエンザの対策で予防してほしいと呼び掛ける。

 ▽動向を見守り冷静な対応を

 厚生労働省などによると、新型コロナウイルスによる肺炎患者は中国のほか、タイや韓国、日本でも報告されている。中国では当初、判明した患者の多くが武漢市内の海鮮市場に出入りしていた。この海鮮市場は閉鎖。いったん患者が確認されなくなったが、今月中旬、再び増え始めた。

 症状はせきや発熱などで呼吸が苦しくなることもある。高齢者や持病のある人が重症化しやすい傾向があるという。桑原センター長は「現段階では、世界で700人を超す死者が出た重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)と比べて重症化しにくいようだ」と指摘。「過度に心配せず、冷静に対応することが大切だ」と話す。

 人から人への感染力は高くないとされるが、夫婦間での感染例もあり、せきなどによる飛沫(ひまつ)感染の可能性も否定できない。医療従事者にもうつっていることが分かった。患者と長期間一緒に過ごすなどの「濃厚接触」で感染している可能性がある。既に退院した神奈川県の男性からの二次感染は確認されていない。

 まだワクチンはなく、感染経路は明らかになっていない。人を介することでウイルスの感染力が高まる恐れもあるため、これからの広がりを注視する必要はあるという。

 ▽インフル対策が予防に効果

 桑原センター長は、今はインフルエンザの流行に備える時季でもあり、その対策がコロナウイルスの感染予防にもつながると説明する。手洗いを徹底し、手をむやみに口に近づけない。せきなどの症状がある人はマスクをして、しぶきが他の人に飛ばないように気を配ろう。

 武漢市に滞在し、発熱やせきなどの症状があった場合は、医療機関での申告が必要だ。国立感染症研究所などは、新型コロナウイルスによる肺炎を疑うのは、37・5度以上の発熱と呼吸器症状がある人で、発症から2週間以内に武漢市を訪問した▽新型コロナウイルスの患者(疑いを含む)と2メートル以内に近づいた―などの条件が当てはまる人としている。

 中国では春節(旧正月)に合わせた24日からの大型連休に帰省や旅行の大移動が起こるため、感染拡大を懸念する声がある。広島空港(三原市)などでも、普段からしているサーモグラフィーによる体温監視に加え、武漢市から帰国し、症状のある場合に、検疫官に申し出るよう呼び掛けるポスターを掲示している。

 海外へ行くときに感染症の最新の発生動向を知るのには、国立感染症研究所・感染症疫学センター▽厚生労働省検疫所FORTH▽外務省 海外安全ホームページ―などが参考となる。

 ▽風邪の原因もコロナウイルス

 コロナウイルスは、王冠に似た形状から付いた名前で、実は一般的な風邪の原因としてもライノウイルスに次いで多い。人や家畜、野生動物などの動物の体液や便に含まれ、せきやくしゃみで飛び散るウイルスを含んだしぶきなどで感染する。風邪を引き起こすコロナウイルスは世界中にまん延しているが、特に危険な病原体ではない。

 しかし、動物から人にうつるタイプのコロナウイルスは注意が必要だ。2002〜03年に中国で流行したSARSはコウモリ、12年以降に中東などで発生しているMERSはラクダから人に広がったとされる。糖尿病などの慢性疾患のある人や高齢者で重症者が目立つ一方、子どもにはほとんど感染しなかった。

 新型コロナウイルスによる肺炎は、武漢の海鮮市場内で扱われていた野生動物から感染した可能性が指摘されている。開拓などで未知の生物の接触が生まれ、世界的な人の行き来も活発になっている。桑原センター長は「新しい感染症が現れるリスクは高まっている」と指摘している。(衣川圭)

この記事の写真

  • 中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧