くらし

米粉パン 発酵料理教室講師 山田明子さん(40)=広島市西区

2020/2/26 19:05
米粉パン

米粉パン

試作数十回 ふんわりと

 米粉や砂糖、酵母を混ぜた生地をのぞくと、ぷつぷつと泡が出ている。来た来た。思わず顔がほころぶ。発酵の魅力にはまって6年。みそや漬物作りの教室の講師も務める。でも、初めに「発酵の扉」を開いてくれたのはパンだった。
(ここまで 117文字/記事全文 631文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 手製の調味料を紹介する山田さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

とっておきのレシピの最新記事
一覧

  • お手軽ローストビーフ (4/22)

     「子どもと山で」心待ち オーブンは使わず、フライパン一つで作る。表面をこんがりと焼いた牛もも肉のブロックをアルミホイルで包み、余熱で仕上げるのがポイントだ。

  • よもぎ餅 (4/15)

    娘とこしらえる母の味 頬張ると爽やかな香りが口いっぱいに広がる。柔らかい新芽でこしらえる餅はどこか懐かしく、心が弾む。お手伝い好きの9歳と4歳の娘と台所に立ち、語り掛ける。「今年も春が来たね」 小さい...

  • 米粉パン (2/26)

    試作数十回 ふんわりと 米粉や砂糖、酵母を混ぜた生地をのぞくと、ぷつぷつと泡が出ている。来た来た。思わず顔がほころぶ。発酵の魅力にはまって6年。みそや漬物作りの教室の講師も務める。でも、初めに「発酵の...

  • さらっとマーボー豆腐 (2/12)

    豆腐嫌いの夫が絶賛 辛いばかりじゃない。ほんのりと優しい甘さが食欲をかき立てる。隠し味はケチャップ。片栗粉を全く使わないからさらっとして、ランチやディナーのスープ代わりにもなり、炊きたてのご飯に掛けて...

  • 水ギョーザ (1/8)

    中国留学を思い出す味 中力粉と卵で作る皮は、20分かけてじっくりこねる。手を動かすと思い出す。中国に留学した20歳の頃、並んで作った現地の友だちの笑い声―。