くらし

親戚間のお祝い どうすれば

2020/2/29 20:13

 親戚同士の入学祝いのやりとりに悩む広島市東区の主婦(42)からの相談です。

 「義理の兄の息子と娘が中学と大学に合格した時、3万円のお祝いをそれぞれ渡しました。ですが、わが家の娘の小学校入学時には、向こうから何の祝いもありませんでした。正月のお年玉もこちらからだけです。私の娘がないがしろにされているようで納得できず、夫に不満を伝えましたが、兄弟で話し合ってくれません。皆さんは親戚間でのお祝いをどうしていますか」

読者からの回答

★諦めて距離を置く

 私も義理の弟夫婦にイライラしています。祝い事やお年玉はお互い、子どもの高校卒業までと決めていました。弟夫婦の子どもが高校を卒業した途端、年下のうちの子どもにはくれなくなりました。意味が分かりません。納得できず、夫に言ってもらいましたが駄目でした。きっと常識知らずの人だと諦めるしかないのでしょう。あなたも距離を置いてください。(廿日市市・パート女性・46歳)

★見返り期待しない

 お祝いをするときに、相手に「してあげたんだから」という見返りを求める気持ちが少しでもあるのなら、初めから渡さない方が良いのでは。相談者さん自身の気持ちの問題なので、一度やめてみてもいいと思います。ちなみに「見返り」という言葉を携帯電話で調べたら「親切の見返りは期待するな」という例文がありました。(広島県安芸郡・主婦・65歳)

★妻同士で話し合い

 男の兄弟では、なかなかお年玉やお祝いの話をしないものです。わが家も同様です。そこで妻同士で相談し、お年玉は小学校、中学校、高校、大学と金額を決めました。入学祝いは子どもの年齢が同じなので、お互いになし。もやもやするより、妻同士なら話しやすいのでは。(広島市安佐北区・会社員女性・50歳)

★子のためと考えて

 入学や進学の祝いは親戚同士の付き合いと思うから「してあげたのに」「してこない」という不満が生まれるのでしょう。祝ってもらうのは子どもたちです。「おめでとう」という気持ちで祝うと、その子にとっては一生、心に残る宝物となりますよ。(尾道市・主婦・84歳)

★祝いの言葉だけに

 経済力に差があると親戚付き合いも負担になる時代だと思います。お祝いをするだけのゆとりがない時は、いただいた方もつらいです。私は「お互いさまにしましょうね」と言って金銭のやりとりはせず、ラインや電話でおめでとうを伝えることにしています。(福山市・主婦・72歳)

★金額を再考しては

 合格祝いに3万円は高いような気がします。そもそもお祝いやお年玉は対価を求めるものではないので、お返しがなくても構わないと思うくらいの金額にするのが妥当です。お祝いをするかどうかや金額の多い少ないについて夫と相談して、きょうだい間で話し合うようにしてはどうでしょうか。(広島市佐伯区・公務員男性・42歳)

係から

 LINEやメールで60通を超す意見が届きました。親戚間のお年玉やお祝いのやりとりがこんなに反響を呼ぶ話題だったとは。その中でけっこう目に付いたのが「夫の兄弟での話し合いは当てにならない」。「妻」側からの意見に言い返せず、身が縮む自分もいます。(衣川圭)

【お答え待ってます】アパートに転居 あいさつは

 転勤で引っ越しが決まった広島市中区の会社員女性(35)からの相談です。

 「福山に転勤することになり、賃貸のアパートに引っ越します。気になるのはあいさつをどこまでして、何を手土産にするかということです。父に聞くと、かつては『向こう三軒両隣』にそばを渡していたそうですが、今の時代のアパート暮らしではどうなんでしょう。変な人だったら関わるのが怖いです。皆さんの経験やお考えを教えてください」

 質問と回答の掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。次回は15日の予定です。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「よろず相談室」は、日頃もやもやするする悩みを毎回取り上げ、読者の皆さんから寄せられた「私はこうしている」「こんなふうにしたらうまくいった」など回答を紹介するコーナーです。あなたの悩みや回答をぜひお寄せください。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞「よろず相談室」係

    ファクス

    中国新聞「よろず相談室」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 友人の孫自慢、うんざり (5/8)

     友人の孫自慢に閉口する広島市の70代主婦からの相談です。 「友人は自分の幼い孫をやたら自慢します。無料通信アプリLINE(ライン)で写真や動画を続けて送ってきて、気がめいりそう。会ったこともない子ど...

  • 【拡大版】自転車マナー、注意点は (4/17)

     いつもの自転車の乗り方が歩行者の迷惑になっていないだろうか―。広島市西区の会社員男性(27)からの相談に60件を超す意見が寄せられました。あらためて自転車の運転マナーをおさらいしながら、今回は拡大版...

  • 夫の会社の「夫人会」が嫌 (4/3)

     夫(56)の会社の「夫人会」という組織に悩む広島県の会社員女性(45)からの相談です。 「夫の会社には、男性管理職の妻でつくる夫人会があります。食事会や夫の仕事を支える方法を学ぶ研修会がありますが、...

  • 職場復帰 3年のブランク 「プレッシャーに心が折れそう」 (3/20)

     3年ぶりに職場復帰して仕事のブランクに戸惑う広島市の50代会社員女性からの相談です。 「家庭の事情で3年ほど休んでいた職場に復帰しました。事務系の部署ですが、メンバーも仕事内容も随分変わり、戸惑って...

  • 離婚した娘が戻り生活一変 (3/6)

     離婚して実家に戻った娘(32)との生活に悩む広島市安佐北区の女性(66)からの相談です。