• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • ハンカチ使い手軽にマスク 動画配信で人気、好きな色や柄でおしゃれに【動画】

くらし

ハンカチ使い手軽にマスク 動画配信で人気、好きな色や柄でおしゃれに【動画】

2020/3/17

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄が続く中、ハンカチで作る簡易マスクが話題になっている。ハンカチとゴムひもさえあれば手軽に作れて、お気に入りの色や柄を選べるのでおしゃれも楽しめる。

 そごう広島店(広島市中区)の紳士洋品売り場では今月に入り、「ハンカチマスク」のコーナーを設けた。作り方のイラストをプリントして置いたところ、立ち止まって眺める人や持って帰る人が後を絶たないという。販売リーダーの鈴木賢太さんは「写真を撮ったり、作り方の細かい工程を質問したりするお客さまもいます」と反響の大きさに驚く。

 同店が参考にしたのは、服飾雑貨メーカー川辺(東京)が写真共有アプリ「インスタグラム」で紹介する方法だ。使い捨てマスクが買えずに困っている人が多いため、「好みのハンカチをマスク代わりにしてもらえたら」と2月下旬に動画を配信した。すると、インスタグラムで11万回以上の再生があり、消費者から感謝の声が続々と寄せられたという。

 「せきエチケット対策」として広がる簡易マスク。他にも、布や紙など身近な材料でできそうだ。

 本紙くらし面で2月に掲載したガーゼで作る手作りマスクの「レシピ」も、多くの人が動画で作り方を閲覧した。教えてくれたのは、広島県海田町のハンドメード作家山野美乃里さん(31)。平面の四角いタイプで、ミシンがあれば15分ほどで完成する。

 ただ注意したいのは、いずれのマスクもウイルスの感染予防の効果は薄いとされる。自分のせきやくしゃみによる飛沫(ひまつ)を遠くに飛ばさないためのエチケットアイテムとして、上手に使いこなしたい。(標葉知美)

 ■布マスクの洗い方

 大手日用品メーカーの花王は、自社のサイトで外出時に使った布マスクの洗い方を公開している。除菌効果のある塩素系漂白剤を使うと清潔を保ちやすいという。色柄物の場合は色落ちすることがあるため、注意が必要だ。

<手順>

(1)衣料用洗剤を水で標準濃度に薄め、マスクを10分浸す。

(2)ためた水ですすぎ、マスクの水気を切る。

(3)水1リットルに塩素系漂白剤15ミリリットルを溶かしてマスクを10分浸す。

(4)水でしっかりすすぐ。

(5)清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る。

(6)形を整えて干す。 

 「手作りマスクいいね ハンドメード作家に注文殺到」はこちら

この記事の写真

  • ハンカチマスクの作り方を紹介するコーナー(広島市中区のそごう広島店)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧