• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 給食用牛乳、おいしく食べて酪農家支援 おしゃれにミルクレシピ、家で楽々3品

くらし

給食用牛乳、おいしく食べて酪農家支援 おしゃれにミルクレシピ、家で楽々3品

2020/3/23 19:25
クロックマダム

クロックマダム

 新型コロナウイルス対策の休校によって給食用の牛乳の消費が落ち込んだのを機に、酪農家支援の動きが広がっている。スーパーなどでは牛乳の売り場を広げて販売。母親たちからは、学校で飲まない代わりに、牛乳を家庭で取り入れたいという声も上がる。今こそミルクレシピに挑戦してみませんか。広島市安佐南区のフードコーディネーター佐藤ゆきさん(46)に、手軽でおしゃれな3品を教えてもらった。

 牛乳売り場を広げたスーパーでは、売れ行きも好調だ。フジグラン広島(広島市中区)は、通常1日10個を売る200ミリリットルのパックは、土日で千個完売。友田聡店長は「お客さまから困っている酪農家を支えたいという気持ちが伝わってきて、驚いている」と話す。

 広島県酪農業協同組合(三次市)の西中晃専務は「応援はありがたい。おかげで生産者の収入もやや下がる程度で済みそうだ」と喜ぶ。「子どもの成長に必要なカルシウムとタンパク質がたっぷり取れる良い面を、この機会にあらためて知ってもらえたら」と願う。

 佐藤さんは「飲むだけでなく、加熱するとさまざまな料理に変身して、飽きずに楽しめますよ」と勧める。今回は、ほぼ1リットルの牛乳を使って作る3品を提案してくれた。

 フランス発祥とされる「クロックマダム」は、電子レンジで作るホワイトソースを挟んだホットサンドに、目玉焼きを載せる。ボリュームたっぷりで1品で昼食や夜食になりそうだ。ホワイトソースをたくさん作れば、グラタンやラザニア、シチューのルーにも使える。

 手作りのカッテージチーズを使ったサラダもおいしい。低脂肪だがタンパク質やカルシウムが取れるヘルシーなチーズは、30分ほどで作れる。わずかな酸味とあっさりした風味、ほろほろとした食感がオリーブオイルなどを使ったドレッシングによく合う。

 デザートの「ブランマンジェ」は上品な甘さでプリンよりもやわらかく、口に入れるととろける。華やかにフルーツを添えると、子どもたちが喜びそうだ。(標葉知美)

 【クロックマダム】

 <材料>2人分

 ホワイトソース(常温の牛乳250ミリリットル、薄力粉大さじ3、食塩不使用のバター30グラム、塩・こしょう・ナツメグ各適量)、8枚切りのパン4枚、ハム4枚、卵2個、ピザ用チーズ80グラム、バター・パセリのみじん切り各適量

 <作り方>

 (1)ホワイトソースを作る。耐熱性のボウルに薄力粉を振るい入れ、混ぜながら牛乳を加える。ゆるくラップを掛けて600ワットの電子レンジで1分ずつ3度くらい加熱する。1分ごとに取り出して泡だて器で混ぜる。熱いうちにバターを加えて溶かし、塩、こしょう、ナツメグで味を調整する。とろみがあまり感じられない場合は再度加熱する。

 (2)バターを塗ったパンをまな板の上に置き、(1)を厚めに塗る。上にハムを載せてさらに(1)を塗る。もう1枚のパンにバターを塗り、サンドイッチのように挟む。さらに上に(1)を塗り、チーズを散らす。天板にオーブン用シートを敷き、180度のオーブンで10〜15分焼く。

 (3)目玉焼きを作る。

 (4)(2)を皿に盛り、(3)を載せ、パセリのみじん切りを飾る。

 【カッテージチーズのサラダ】

 <材料>

 牛乳500ミリリットル、レモン汁20ミリリットル、塩小さじ1/4、好みの野菜・ドレッシング各適量

 <作り方>

 (1)カッテージチーズを作る。牛乳、レモン汁、塩を鍋に入れてよく混ぜ、強火にかける。沸騰寸前になったら弱火にし、分離してきたら火を止める。

 (2)固まりを網じゃくしですくい取り、ペーパーを敷いたざるに上げて水気を切る。常温で冷ます。

 (3)(2)を好みの野菜と混ぜ合わせ、ドレッシングを掛ける。

 【ブランマンジェ】

 <材料>2人分

 牛乳200ミリリットル、グラニュー糖40グラム、プレーンヨーグルト10グラム、粉ゼラチン3グラム(大さじ1の水でふやかしておく)、生クリーム40ミリリットル、アーモンドエッセンス少々、ミント適量、イチゴソース(イチゴ250グラム、グラニュー糖70グラム、レモン汁小さじ2)

 <作り方>

 (1)鍋に牛乳とグラニュー糖、ヨーグルトを入れて温め、鍋の縁に気泡が出てきたら火を止める。粉ゼラチンを加えて余熱で溶かす。

 (2)(1)を氷水に当てたボウルに移し、少しとろみが出るまで混ぜながら冷ます。5分立てまで泡立てた生クリームとアーモンドエッセンスを加えて器に入れる。

 (3)冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。

 (4)イチゴはヘタを取って2〜4等分する。グラニュー糖とともに鍋に入れて30分ほど置く。汁気が出てきたら火に掛け、15分ほど煮る。最後にレモン汁を加え、混ぜて冷ます。

 (5)(3)の上に(4)を掛けてミントを飾る。

 ☆イチゴソースの代わりにジャムや果物を載せてもいい。 

この記事の写真

  • カッテージチーズのサラダ
  • ブランマンジェ
  • 「加熱してチーズやクリームにするとバリエーションが広がります」と話す佐藤さん(広島市安佐南区)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧