くらし

お留守番 料理を作ろう 子ども向けにレシピ4品

2020/3/26 17:11
湯川和子さん

湯川和子さん

 「休校の時間を食育の機会にしてほしい」。呉市の管理栄養士、湯川和子さん(80)からメッセージを添えて4品のレシピが寄せられた。7日付くらし面で掲載した「栄養ランチ 作り置こう」を読み、新型コロナウイルスの感染拡大で留守番する子どもたちに向けて提案してくれた。

 「甘ーいお好み焼き」はホットケーキミックスにニンジンやしらす干しなどを加えて焼く。コンソメベースで野菜がふんだんに入った「具だくさんスープ」も栄養満点だ。ほかにも「サバのグラタン風」、ご飯と野菜、卵をホットプレートで焼く「何でも私流焼き」を薦める。

 いずれも年齢に応じて子どもたちができるメニュー。簡単、安全、栄養、味を基準に考えたという。「子どもたちに調理の楽しみや食への感謝を感じてもらえたらうれしい」と話す。

 「甘ーいお好み焼き」のレシピはこちら

 「具だくさんスープ」のレシピはこちら

 「サバのグラタン風」のレシピはこちら

 「何でも私流焼き」のレシピはこちら

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧