くらし

わが家で毛虫が大量発生

2020/6/6 21:10

 毛虫の大量発生に苦しむ三次市のパート女性(58)の相談です。

 「団地の一戸建てに住んでいます。最近、大小の毛虫がたくさん、わが家の車庫をはったり、夏野菜や花の芽を食い尽くしたりしています。薬をまいても効き目なし。どこかのお宅の庭で発生しているのか…。私は毛虫が大嫌いで身震いして見ることも、つまみ出すこともできず、踏まないように気を付けて歩くだけです。1人暮らしで、もうお手上げです。どう暮らしていけばいいでしょうか」

読者からの回答

★火ばさみでつまむ

 三次市に夫の転勤で昨年来てから、私も毛虫の多さに悩んでいます。私も毛虫が苦手ですが、踏んでしまう方が気持ち悪いので、火ばさみでつまみ、側溝に捨てています。地元の方からは水に漬けるといいと聞きました。虫と距離を少しでも取るために長めの火ばさみで野菜を守ってはどうでしょう。(三次市・パート女性・38歳)

★保健所の助言は有効

 わが家でも毛虫が毎年のように大量に発生して困りました。近くの保健所に相談すると、有効な駆除剤を教えてくれて、毛虫が好む庭木を除去するよう言われました。翌年からは、毛虫はさっぱり発生しませんでしたよ。(広島市西区・無職男性・76歳)

★発生源を確認しては

 以前、家の前の空き地に桃などの果樹が植えてあり、そこから大量に毛虫が発生しました。道路や塀を歩き、困りました。近所の方と相談して、果樹の持ち主へ伝えにいきました。持ち主は「申し訳なかった」とすぐに果樹を消毒してくれて、毛虫は徐々にいなくなりました。発生源を確認して、被害を伝えることを勧めます。(福山市・無職女性・66歳)

★枝切ったら被害減

 団地内に生い茂った大きな桜の木がたくさんあり、毎年毛虫に悩まされました。間伐ができる知人に相談すると、桜の木の無駄な枝を切ってくれることになりました。私が団地の住民の了承を取り、作業してもらいました。3年間は毛虫の被害がなく、快適でした。地域の力を借りるのも一案です。(広島市安佐北区・アルバイト女性・52歳)

★適した薬、教わって

 私も以前、家の裏の畑に毛虫が湧いて、刺されて湿疹が出たつらい経験があります。私は毛虫の特徴と植えている植物を農協に相談し、お薦めの薬剤を教えてもらいました。虫によって効く薬は違うし、農作物が食べられなくなると困るからです。薬局などに相談して、適した薬剤を教わってみてはどうですか。(尾道市・主婦・84歳)

★駆除業者、一つの手

 私も毛虫を見るだけで、怖くて嫌です。バラに毛虫が来たときは困りました。私は毛虫が付いた葉も一緒にはさみで切って捨てました。スムーズに除去できましたよ。毛虫が動いて毛が手に当たらないように、作業用手袋をするのがお勧めです。害虫駆除の業者に頼むのも一つの方法だと思います。(福山市・主婦・35歳)

係から

 読者の助言には、力になってくれそうな人に相談することを勧める内容が目立ちました。一人で大量の毛虫に立ち向かうのは勇気の要ることです。味方になってくれそうなご近所さんや専門家に声を掛けてみるのが、解決への第一歩かもしれません。(治徳貴子)

【お答え待ってます】「すみません」と言わない人

 「すみません」を言わない相手への接し方に悩む広島市中区のアルバイト女性(42)からの相談です。

 「私は『ありがとう』『すみません』という言葉をよく使います。気持ちよく生活するためです。この前、近くのスーパーでおつりを間違われ、レジの女性に伝えたのですが、『すみません』の言葉がなく、素っ気ない態度でお金を渡されました。『ありがとう』『すみません』を言わない相手にどう向き合えばいいのでしょうか。残念さや怒りを感じます」

 質問と回答の掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

 次回は21日の予定です。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 退職後も料理しない夫 (2/20)

     リタイアした夫(66)に自分の食事ぐらいは作ってもらいたいという広島市佐伯区の女性(62)からの相談です。 「夫は仕事を辞めてからも全く料理をしません。私がパートからへとへとで帰ってきても、食事が出...

  • 息子がもらうバレンタインチョコ多くて…お返し憂鬱 (2/6)

     息子のバレンタインチョコのお返しに悩む広島市東区の女性(39)の相談です。 「小学5年の次男はクラスの女の子たちから、毎年バレンタインデーにチョコレートを7個くらいもらいます。高そうなチョコも、そう...

  • 一方的に話す夫にうんざり (1/23)

     夫の一方的な話し方にうんざりしている広島市佐伯区の主婦(50)からの相談です。 「5歳年上の夫は自分ばかりしゃべりたがります。話題は、自分が好きな野球や会社での出来事など。私が聞き役に疲れていてもお...

  • カスハラ、どう対応すれば (1/9)

     客からの理不尽な要求「カスタマーハラスメント」(カスハラ)に悩む広島県北部の女性(56)からの相談です。 「美容室で働いています。1人に1回限りのサービスを強引に2回受けたがる客がいます。割引券以上...

  • 帰省自粛、お年玉どうする (12/19)

     コロナ禍で帰省が難しい年始、お年玉をどうするかに悩む広島市の会社員男性(45)からの相談です。 「新型コロナウイルスの感染防止のため、年末年始の帰省を諦めました。気になるのが親戚の子へのお年玉。コロ...