• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】ぶら下げて便利 マスクホルダー【動画】

くらし

【新型コロナ みんなで乗り切る】ぶら下げて便利 マスクホルダー【動画】

2020/6/13 19:49
マスク用のビーズ製シールとホルダーを組み合わせると、かわいさがアップ

マスク用のビーズ製シールとホルダーを組み合わせると、かわいさがアップ

 
新型コロナウイルス対策でマスクの着用が続く中、ちょっと外したときの置き場所に悩む人も多いだろう。机の上やかばんの中は衛生面が少し気になるし、片耳に引っかけるのも何だか格好が悪い。そんな時に便利なのが、マスクを首からぶら下げる「マスクホルダー」だ。考案した広島市の企業に作り方を教わった。

 ▽夏はビーズで涼やかに

 「マスクホルダー」はメガネホルダーのような要領で、フックをマスクひもに付けて使う。食事したりお茶を飲む時に首からぶら下げると、マスクをなくす心配もないし清潔だ。これからの季節、マスクを長時間着けると熱中症のリスクもある。顔が汗ばんだ時にも重宝しそうだ。

 フックを付けたひも状の物ならストラップやリボンでもいいが、ガラスビーズ製造大手のトーホー(広島市西区)は、ビーズ製の手作りホルダーを提案する。「ビーズは軽くて涼やか。夏にぴったりの素材です」と山仲巌社長。ビーズの大きさや素材も多彩で、自分好みのデザインに仕上がる。20分ほどで手作りできるという。

 アクセントにお薦めなのが、ビーズのチャーム。星形やハート形をホルダーに取り付けると顔周りが華やかになる。マスクひもに直接付ければ、ピアスのように揺れて楽しい。長引きそうなマスク生活。かわいいアクセサリーで気分を上げて乗り切ろう。(文・ラン暁雨、写真・高橋洋史)

    ◇

 トーホーのアンテナショップ「サンモールビーズブティック」(中区、金・土曜のみ営業)でも材料を購入できる。材料が一式入った手作りキットは715円。

 ■アレンジ

 ホルダーを二重にしてマスクひもに通し、頭の後ろに着ければ「マスクバンド」に。ひもが耳にこすれて痛いという人は多いが、これならひもを耳に掛けずにマスクを装着できる。補聴器の利用者にも便利だ。 

この記事の写真

  • マスクひもに引っかけて使う「マスクホルダー」。星形のチャームがアクセントに
  • 外したマスクを首からぶら下げれば、衛生的で紛失防止にもなる
  • マスクホルダー・耳にやさしい

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧