くらし

「すみません」と言わない人

2020/6/20 19:47

 「すみません」を言わない相手への接し方に悩む広島市中区のアルバイト女性(42)からの相談です。

 「私は『ありがとう』『すみません』という言葉をよく使います。気持ちよく生活するためです。この前、近くのスーパーでおつりを間違われ、レジの女性に伝えたのですが、『すみません』の言葉がなく、素っ気ない態度でお金を渡されました。『ありがとう』『すみません』を言わない相手にどう向き合えばいいのでしょうか。残念さや怒りを感じます」

読者からの回答

★相手の事情も考慮

 そもそも謝罪や感謝の言葉って、自分の中からあふれ出てくるものだと思います。ミスを謝らない態度は気持ちよくないですが、相手も悲しいことがあったのかもしれません。体調が悪いのかも。そう捉えると怒りも湧いてこないのではないでしょうか。(広島市西区・公務員女性・57歳)

★店に伝えてみては

 よく行く店のレジで、ひどい対応を受けたことがあります。もやもや感を残したくなくて、店に電話をかけて伝えました。「改善します」と言われ、店員の対応がよくなりました。楽しく買い物をするためにも思い切って店に連絡してみてはどうでしょう。(廿日市市・公務員女性・51歳)

★嫌悪感抱くのは損

 「すみません」「ありがとう」と言わない人は結構います。ただ、価値観はみんな違う。自分の先入観で嫌悪感を抱くと人生、損です。経験の浅い店員なら、礼儀や声の掛け方をこれから学ぶのかもしれません。寛容な精神で見守るのも大切だと思います。(東広島市・看護師男性・36歳)

★体動かしすっきり

 腹が立った時は一歩引いて自分を見つめるようにしています。「私って、こんなことをされるのが嫌なんだな」とか。それでも怒りが収まらないことはあります。そんなとき、私は家に帰って床磨きなどに励みます。体を動かすうち気持ちがすっきりします。(広島市東区・主婦・45歳)

★話し掛けてみよう

 すぐ謝る人もいれば、悪かったと思っても口にできないシャイな人もいます。謝罪がないときは、こちらから「お手数を掛けましたね」と話し掛けてみてはどうですか。案外、ぴょこんと相手も頭を下げるかもしれません。「お互いさま」の精神で過ごしましょう。(広島市西区・主婦・82歳)

★真心の言葉広めて

 謝罪がなく、むっとした経験は多いです。でも「ありがとう」の言葉に、ふんわり、いい気分になることもあります。「すみません」を含め、私も意識して言うようにしています。周りの人が気持ちよくなるよう、言葉に真心を添えて広めていけたらいいですね。(岩国市・パート女性・62歳)

★言い過ぎるのも…

 夫は何かを頼む時、「すみません」と必ず言い添えます。丸く収まる気がするんでしょうけど、連発されるといらいらします。「今度、使ったら100円もらう」と言うと、「はい、すみません」と返ってきて諦めました。(広島市中区・主婦・72歳)

 係から

 100件を超える意見が届きました。苦手な店員のレジには並ばないという人や「お客さまは神様」の発想を考え直してと求める人も。「すみません」「ありがとう」のひと言で相手との距離が縮まることもあります。人を思いやり接しているかどうか。あらためて自問しました。(林淳一郎)

 【お答え待ってます】普段着に無頓着な夫

 普段着に無頓着な夫に悩む広島市安佐南区の50代主婦からの相談です。

 「夫は50代半ば。子どもの学校で保護者会の役員を務めるなど、人前で話す機会が少なくありません。なのに、子どもが着古したシャツを平気で着たり、破れたジーンズをはいたり。ズボンもよれよれです。買い物に行って勧めても『今日はいい』『まだ買わなくていい』の一点張り。年齢相応の身だしなみをしてほしいのですが、どうしたらいいのか困っています」

 質問と回答の掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

 次回は7月12日の予定です。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 退職後も料理しない夫 (2/20)

     リタイアした夫(66)に自分の食事ぐらいは作ってもらいたいという広島市佐伯区の女性(62)からの相談です。 「夫は仕事を辞めてからも全く料理をしません。私がパートからへとへとで帰ってきても、食事が出...

  • 息子がもらうバレンタインチョコ多くて…お返し憂鬱 (2/6)

     息子のバレンタインチョコのお返しに悩む広島市東区の女性(39)の相談です。 「小学5年の次男はクラスの女の子たちから、毎年バレンタインデーにチョコレートを7個くらいもらいます。高そうなチョコも、そう...

  • 一方的に話す夫にうんざり (1/23)

     夫の一方的な話し方にうんざりしている広島市佐伯区の主婦(50)からの相談です。 「5歳年上の夫は自分ばかりしゃべりたがります。話題は、自分が好きな野球や会社での出来事など。私が聞き役に疲れていてもお...

  • カスハラ、どう対応すれば (1/9)

     客からの理不尽な要求「カスタマーハラスメント」(カスハラ)に悩む広島県北部の女性(56)からの相談です。 「美容室で働いています。1人に1回限りのサービスを強引に2回受けたがる客がいます。割引券以上...

  • 帰省自粛、お年玉どうする (12/19)

     コロナ禍で帰省が難しい年始、お年玉をどうするかに悩む広島市の会社員男性(45)からの相談です。 「新型コロナウイルスの感染防止のため、年末年始の帰省を諦めました。気になるのが親戚の子へのお年玉。コロ...