• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】ジム変化、密を避けて運動 個室で黙々「人の目も気にならず」

くらし

【新型コロナ みんなで乗り切る】ジム変化、密を避けて運動 個室で黙々「人の目も気にならず」

2020/6/26
ハコジムの個室で黙々とトレーニングする芹口さん(広島市南区)

ハコジムの個室で黙々とトレーニングする芹口さん(広島市南区)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、トレーニングジムが変化している。個室で一人っきりで鍛えたり、オンラインでトレーナーとつながり画面越しに指導を受けたり。感染予防のため、人と会わずに運動できるスタイルが注目を集めている。

 ▽「外出し感染怖い」自宅で画面越し

 バーベルやダンベル、バランスボール、ストレッチポールなどが並ぶ8畳ほどの個室は、冷暖房と空気清浄機もそろう。名前は「ハコジム」。会員はネットで24時間いつでも好きなときに予約でき、この場所と道具を自由に使い、たった1人でトレーニングに励む。

 6月に使い始めた広島市安芸区の看護師芹口直美さん(47)は「密にならず、不特定多数の人と交わらないので安心。個室は、人の目も気にならず思い切り体を動かせます」とほほ笑む。

 ハコジムは2017年夏にオープンし、広島市内で6店舗、計22室を運営。コロナで多くのジムが客を減らす中、感染予防のため新たな入会者も相次ぎ、約500人の会員数を維持した。

 ただ個室だけに、誰もいないのでどんな運動をすれば効果的なのか分からなくて不安という声もある。永田秀晶社長(41)は「その人の目的に合ったトレーニングメニューをどう提供していくか、進化中」と話す。有料でトレーナーを付けられるほか、完全な1人運動を希望する人に向けては、数パターンの筋トレ方法を動画で流してまねてもらう試みも近く始める。

 密を避けるため、この春から急速に広がったもう一つのスタイルが、オンラインによる自宅でのパーソナルトレーニングだ。

 広島市中区のパーソナルトレーニングジム「くびれ美人」は、3月初めに導入した。もともと個室でのマンツーマンだが、「外出して感染するのが怖い」という医療関係や高齢の客からの声を受けて始めた。

 外出自粛が解除された今も、十数人がオンラインでのトレーニングを続ける。東広島市内の女性(57)は、3月下旬からオンラインに切り替え、1カ月半ほど活用。今はジムに通うが、悪天候の日や仕事が忙しい時はオンラインにする。

 パソコンの画面では、女性と畑紀寿代表(39)の互いの姿を確認できる。畑代表が女性の動きを見ながら、「腕を伸ばして」「もう少し足を上げて」ときめ細かく助言。約60分のメニューを終えた女性は「要点を押さえて指導してくれ、結構利きます」と汗をぬぐう。「片道1時間の移動が省けるのも魅力です」と喜ぶ。

 オンラインでは、手で筋肉に触って分かる張りなどをトレーナーがつかみづらい難点もある。畑代表は「月に1度は体の状態をジムでチェックすると、オンライントレーニングが効果的にできます」とアドバイスした。(桜井邦彦)

この記事の写真

  • 自宅でパソコンの画面越しに畑代表の指導を受ける女性(東広島市)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

くらしの最新記事
一覧