• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • チェンジ!なりたい自分になる パート・香川裕子さん(50)=広島市中区

くらし

チェンジ!なりたい自分になる パート・香川裕子さん(50)=広島市中区

2020/6/27
ブラウス(アスペジ)、カーディガン(シニカル)、パンツ(チルコロ)、バッグ(チーバ)、靴(バークレー)、イヤリング(著者私物) 撮影・藤井康正

ブラウス(アスペジ)、カーディガン(シニカル)、パンツ(チルコロ)、バッグ(チーバ)、靴(バークレー)、イヤリング(著者私物) 撮影・藤井康正

 ▽「無難」卒業 普段着の華

 50歳になり、無難な服装ばかり選ぶ自分を変えたくて応募しました。いつもはストライプや無地のトップスにジーンズなど、シンプルでナチュラルな服装が多いです。新型コロナウイルスの影響で両親の介護以外の外出が減り、おしゃれがますます遠のいています。近所に買い物や散歩に出掛けるときに、気分が華やぐ普段着を教えてください。

 ▽爽やかチェック柄 大人カジュアルに

 イメージ診断の結果、香川さんはシンプルで優しい「天女」の個性が強いことが分かりました。ただ、顔立ちには華麗さも隠されています。

 香川さんのように細身で骨格のしっかりした人がタイトジーンズなど直線的な服を選ぶと、シャープになり過ぎます。そこで今回は、ナチュラルだけど、きれいなパンツスタイルを提案しました。

 主役は、大きなチェック柄が爽やかなパンツ。タックが程よいゆとりを出し、直線的な印象を和らげます。ウエストの紺色のリボンは、大人のかわいらしさを加えてくれます。トップスは、骨格をふんわり包むデザインのノースリーブブラウスを選びました。深い緑が顔周りを引き立てます。上下ともコットン素材なので、かっちりしがちなパンツスタイルでもカジュアルになります。

 大人女子の夏の着こなしで注意したいのは、「肌見せバランス」です。肌を出し過ぎると、年齢を感じさせ、上品さが失われます。腕や鎖骨を出すときは、カーディガンを肩に掛けるなどして調節しましょう。仕上げにシックな革製バッグと小ぶりのイヤリングで「大人ナチュラル」を格上げします。

 近場のお出掛けに便利な「ワンマイルウエア」は、肌ざわりのいい素材で、着ていて楽な形を選ぶのがポイントです。力の抜けたアイテムでも、質感の良さと小物使いで華のある装いになります。気分が上がるコーディネートで、コロナ禍でもおしゃれを楽しんでください。

 文・こすも=パルブライト・イメージコンサルタント(広島市)

この記事の写真

  • いつものスタイル
  • 【アレンジ】コットン素材のサマーニットなら、さらにリラックスした雰囲気に。ざっくりした編み目で肩のラインと二の腕を自然に覆い、上半身をゆったり包みます。軽い素材のロングネックレスは、負担なく「おしゃれ度アップ」をかなえます。セーター(ハリス)、ネックレス(マリードール)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

くらしの最新記事
一覧