• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • チェンジ!なりたい自分になる ヨガインストラクター・山田真奈美さん(46)=広島市東区

くらし

チェンジ!なりたい自分になる ヨガインストラクター・山田真奈美さん(46)=広島市東区

2020/7/18 20:06
シャツワンピース、パンツ(ギャルリー・ヴィー)、ノースリーブニット、ネックレス(イネドインターナショナル)、靴(ヒミコ オン ブルー)、イヤリング(著者私物) 撮影・河合佑樹

シャツワンピース、パンツ(ギャルリー・ヴィー)、ノースリーブニット、ネックレス(イネドインターナショナル)、靴(ヒミコ オン ブルー)、イヤリング(著者私物) 撮影・河合佑樹

 ▽柄物封印、印象柔らかく

 職業柄、ぴたっとした派手な花柄のパンツやカラフルなトップスをよく選びます。そんな服装や顔立ちのせいなのか、第一印象ではよく「きつそう」と言われます。でも、できればファッションで柔らかな大人の雰囲気を出したい。普段やちょっとしたお出掛けに使える、爽やかで洗練されたスタイルを教えてください。

 ▽麻のシャツワンピ 顔色明るく涼やか

 元気でしっかりした印象の山田さん。しかし診断結果では、正反対ともいえる柔らかで素朴な「天女」のイメージが強いことが分かりました。そこで今回は、夏に活躍するアイテムで天女の個性が生きるコーディネートを提案しました。

 主役はシャツタイプのロングワンピース。1枚でも、羽織としても重宝します。麻素材なので軽い着心地で、見た目にも涼やか。オフホワイトは、顔色を明るく見せます。直線的でかっちりとしたラインのシャツ形は、袖口を細くロールアップすればこなれ感が出ます。

 ボトムスは麻と綿でできたワイドパンツを合わせました。今季注目のピスタチオグリーンが、程よい上品さを演出します。マニッシュになりがちなパンツスタイルも、淡いくすみカラーなら優しい雰囲気になります。

 インナーには、ラフになり過ぎないリブニットを選びました。黒を利かせて大人っぽく仕上げます。綿素材なので家でも洗えて便利。仕上げにきゃしゃなストラップの黒いフラットパンプスを合わせれば、ぐっとエレガントになります。

 強い配色、デザイン、シルエットを選ばず、引き算でシンプルにすることで、山田さんの柔和な個性が前面に出るようにしました。

 コロナ禍で「心地良さ」は外せないファッションワードになりました。動きやすくてシンプル。手入れが簡単でおしゃれな「大人ナチュラル」のアイテムは、今後も活躍が期待できそうです。

 文・こすも=パルブライト・イメージコンサルタント(広島市)

 【チェンジ!なりたい自分になる】
 <「無難」卒業 普段着の華>

 <ポップから品良いモードに>

 <地味服を卒業 軽やかに>

 <妻ほれ直すデートスタイル>

この記事の写真

  • いつものスタイル
  • 【エレガントに】れんが色のロングワンピースは、体のラインを拾わないシルエット。リラックスウエアにもなりますが、小物をゴールドでまとめるとエレガントなお出掛けスタイルに変身します。肩に掛けたカーディガンが、視線を上に集めます。ワンピース(イネドインターナショナル)、カーディガン(ギャルリー・ヴィー)、ネックレス、バングル(自由区)、バッグ(キタムラ)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧