くらし

<58>感染したら 1人暮らし誰を頼る?

2020/7/30
絵・沢田妙

絵・沢田妙

 新型コロナウイルスの流行が容易に収束しそうにない。高齢者、とりわけ子どもがいない、いても県外や外国に住む1人暮らしの高齢者が不安に思うことは何だろう。「万が一感染したら、どうすればいいのか。誰が世話をしてくれるのか」。それが一番気掛かりなことではないか。
(ここまで 128文字/記事全文 838文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

夕映えあとさきの最新記事
一覧

  • <59>1人暮らしとコロナ 健康記録、相談の目安に (8/13)

     多くの人が新型コロナウイルスは怖いと思っている。一方で、自分は感染しないとも思っている。予防に励めば、感染は避けられる。そう思うし、そう信じたいから。だから、1人暮らしの人が「感染したらどうしよう?...

  • <58>感染したら 1人暮らし誰を頼る? (7/30)

     新型コロナウイルスの流行が容易に収束しそうにない。高齢者、とりわけ子どもがいない、いても県外や外国に住む1人暮らしの高齢者が不安に思うことは何だろう。「万が一感染したら、どうすればいいのか。誰が世話...

  • <57>災害が起きた時 愛犬を伴う避難に迷い (7/9)

     以前も書いたが、わが家には黒の豆柴がいる。私が巨樹を、夫が雲をみるのが好きなので、木(モク)と雲(クモ)の両方の意を含むモックという名前である。性格は穏やかだが、こだわりが超強い。

  • <56>コロナ禍と介護 誰が握る、高齢者の「命綱」 (7/2)

     外出自粛中の運動不足で体力が落ち、「今後どう生きていくか。倒れたら自分はどうなるのか」と思い悩む高齢者が増えているのではなかろうか。

  • <55>吐きたい弱音 家族への伝え方、慎重に (6/25)

     今年は厳しい夏になりそうである。高温が続くとの予報もあるし、新型コロナウイルスによる外出自粛の要請が再びあるかもしれない。そんな中、趣味や地域活動が停止し、体力、気力ともに低下し、食も細り、元気が出...