くらし

昔の彼に会ってみたい

2020/9/19 19:21

 昔の彼に会ってみたい―。広島市安佐南区の主婦(62)からの相談に、80件を超える意見が寄せられました。今回は拡大版でお伝えします。

 「最近、学生時代に交際していた男性に会いたいと思うようになりました。彼に会って何がしたい、というわけではないのですが、今どうしているのか気になります。当時のことを思い出し、懐かしさとともにドキドキする自分もいます。子どもたちは自立しており、夫との仲が悪いわけではありません。夫のいる身で、このように考えたり、実際に会ったりするのは不誠実なのでしょうか」

 読者からの回答

<会うのはNG派>

★連絡取るのは無粋

 ドキッ。実は私も、学生の頃に告白された二つ年上の人がどうしてるかなと、考えがよぎったことがあります。でも、ときめいたのは20代の若かりし頃の自分。お互いずいぶん変わった今、相手に連絡を取ったり探したりするのは無粋な気がします。ドキドキできる刺激が欲しいだけかもしれませんよ。(呉市・塾経営女性・66歳)

★裏切られショック

 夫は60歳を超えて昔の恋人と再会し、ラインでのやりとりを何年も続けていたようです。夫の行為を知ってショックを受け、私は今も立ち直ることができません。裏切られた悲しみから愛情はなくなりました。スマートフォンのある今の時代、1回会えばつながりを断つのは難しい。相手の家族を傷つける可能性を考えれば、安易な気持ちで会うべきではないと思います。(広島市・パート女性・68歳)

★「思い出」のままで

 先日、同窓会で初恋の女性に会いました。昔の面影はなく、残念な再会となりました。誰しも年齢に逆らえないことは分かっています。しかし、現実を見せつけられるとやはりショックを受けます。美しかった思い出が「恐怖」に変わってしまうこともあります。会わないことが互いにとって幸せのような気がします。(瀬戸内市・会社員男性・60歳)

★夫と人生楽しんで

 あなたの夫に昔の彼氏に会ったことがばれたとき、夫は果たして納得できるでしょうか。晩年を迎えようとするこの時期、ふっと昔のドキドキ感を振り返りたくなる気持ちは分かります。ですが、私があなたの夫なら浮気心を感じ取って面白くない気持ちになると思います。夫との残りの人生を楽しんでほしいです。(東広島市・自営業男性・69歳)

★胸の中にしまって

 気持ちは分かります。私の場合、初恋の彼の誕生日を携帯電話の暗証番号にしています。これなら青春時代のときめきを忘れずにいられます。夫にばれることもなく、誰も傷つけません。若い頃の恋愛の記憶は、そっと胸の中にしまっておくのがよいのではないでしょうか。(広島市佐伯区・主婦・61歳)

★感情再燃の恐れも

 不誠実とは思いませんが、会って気持ちが高まれば恋愛感情が再燃することもあり得ます。そうなると、2人の時は楽しくても互いの家庭に波風が立ちかねません。長く連れ添った夫にときめくのが難しいのはよく分かりますが、今の家族を大切にすることをお勧めします。(広島市西区・会社員女性・47歳)

<会ってOK派>

★男女超えた親友に

 高校時代に片思いしていた人と同窓会で再会しました。心置きなく話せるようになり、今では男女を超えた親友です。彼にときめいていたのはあくまで昔の話なので、夫に遠慮はありません。青春時代を一緒に過ごした彼といると若い頃に戻ったようで元気が出ます。リフレッシュになるので会うことを勧めます。(福山市・会社員女性・61歳)

★気持ち確かめたい

 私も今頃になって、昔の恋人に会いたい気持ちが膨らんでいます。何十年も前のことですが、別れたときの彼の気持ちを確かめたいと思っています。うちは夫婦仲が悪いこともあり、夫に対して不誠実とは感じません。もやもやしたまま人生を終えないために、お互い頑張りましょう。(広島市安佐南区・主婦・61歳)

★元気なうちに交流

 コロナ禍の1人暮らしで寂しくなり、活力をもらえるのではと、昔の彼女に手紙を書きました。すると息子さんから「母は10年前に亡くなりました」と返事が来ました。年齢を重ねると、どんなに再会を望んでもかなわなくなる日が来ます。相手が元気なうちに、ぜひ交流してください。(福山市・無職男性・88歳)

★友達も含めて会う

 昔の恋人に会いたくなるのは自然な感情だと思います。2人で会うのが不誠実だと思うなら、仲の良かった友達同士でグループで会うのはどうですか。夫にも伝えた上で自然な形で再会するなら、特に問題はないと思います。昔話に花を咲かせてください。(呉市・会社員男性・63歳)

係から

 「相手が年を取っていてがっかりするから」などの理由で「会わない方がいい」との意見が、何と8割を占めました。夫の立場からは「不愉快」「不誠実」の声が複数ありました。一方で「会う」のを選ぶ人には、たった一度の人生に悔いを残さないようにとの思いがにじんでいました。甘酸っぱい思い出を胸にしまって生きるか、元彼との再会に期待するか―。悔いのない決断ができるといいですね。(標葉知美)

【お答え待ってます】縫いぐるみ捨てられない

 子ども時代に大切にしていた縫いぐるみを捨てられずに悩む東広島市の会社員女性(46)からの相談です。

 「昔、父に買ってもらったクマの縫いぐるみが捨てられません。子どもの頃は毎日抱きしめて寝ていたので、ボロボロですが愛着があります。亡き父母との思い出も詰まっています。皆さんは、捨てられない縫いぐるみや人形をどうしていますか。清潔に持ち続けるいい方法がありますか。また、どうすれば悔いなくさよならできるかも教えてください」

 質問と回答の掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

 次回は10月4日の予定です。

この記事の写真

  • イラスト・末永朋子
  • イラスト・末永朋子

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 退職後も料理しない夫 (2/20)

     リタイアした夫(66)に自分の食事ぐらいは作ってもらいたいという広島市佐伯区の女性(62)からの相談です。 「夫は仕事を辞めてからも全く料理をしません。私がパートからへとへとで帰ってきても、食事が出...

  • 息子がもらうバレンタインチョコ多くて…お返し憂鬱 (2/6)

     息子のバレンタインチョコのお返しに悩む広島市東区の女性(39)の相談です。 「小学5年の次男はクラスの女の子たちから、毎年バレンタインデーにチョコレートを7個くらいもらいます。高そうなチョコも、そう...

  • 一方的に話す夫にうんざり (1/23)

     夫の一方的な話し方にうんざりしている広島市佐伯区の主婦(50)からの相談です。 「5歳年上の夫は自分ばかりしゃべりたがります。話題は、自分が好きな野球や会社での出来事など。私が聞き役に疲れていてもお...

  • カスハラ、どう対応すれば (1/9)

     客からの理不尽な要求「カスタマーハラスメント」(カスハラ)に悩む広島県北部の女性(56)からの相談です。 「美容室で働いています。1人に1回限りのサービスを強引に2回受けたがる客がいます。割引券以上...

  • 帰省自粛、お年玉どうする (12/19)

     コロナ禍で帰省が難しい年始、お年玉をどうするかに悩む広島市の会社員男性(45)からの相談です。 「新型コロナウイルスの感染防止のため、年末年始の帰省を諦めました。気になるのが親戚の子へのお年玉。コロ...