くらし

乳幼児、予防接種しやすく 10月1日ルール変更

2020/9/29

 10月1日から予防接種のルールが変わる。ワクチン接種の間隔の制限がほぼなくなって接種しやすくなる上、公費で受けられる乳児の定期接種にロタウイルスワクチンが加わる。新型コロナウイルス感染症にばかり気が向きがちだが、医師らは他の病気の予防を怠らないよう呼び掛けている。

 ▽根拠ない間隔制限を撤廃

 これまでは、生きたウイルスや細菌の病原性を弱めた「生ワクチン」を接種した後に別のワクチンを接種する場合は、間隔を27日以上空ける必要があった。病原性をなくした「不活化ワクチン」の接種後も、6日以上空ける決まりがあった。しかし、そうした制限をなくしても安全性や効果に影響が出ないことが分かったため、厚生労働省が欧米を参考に見直した。

 10月からは、注射タイプの生ワクチンを打った後に異なる種類の注射タイプの生ワクチンを打つ場合を除き、いつでも接種できるようになる。例えば、麻しん・風しんのMRワクチンを打った数日後でもインフルエンザワクチンを打つことができる。

 厚労省の担当者は「スケジュールに幅を持たせるため、科学的に根拠のない接種間隔は撤廃した。体調の良い時に接種してほしい」とする。ただ、同じワクチンの2回目以降の間隔はこれまで通りに空ける。複数のワクチンの同時接種もこれまで通りできる。

 広島県小児科医会の副会長を務める西村小児科(広島市安佐南区)の西村真一郎院長は「乳幼児の予防接種は症状が重くなるのを防ぐために大切。今回のルール変更で、事情があって接種が遅れたときも接種しやすくなる。かかりつけの小児科医と日程を相談してほしい」と呼び掛ける。

 ▽ロタウイルスワクチンも公費負担、重症化防ぐ

 新たに定期接種に加わるロタウイルスワクチンは、下痢や嘔吐(おうと)の症状が出るロタウイルス胃腸炎を予防する乳児向けのワクチンだ。

 西村院長によると、ロタウイルスはノロウイルス(小型球形ウイルス)と並び、激しい胃腸炎の原因となる。便に含まれたウイルスが手を介して口に運ばれ感染し、2〜4日で症状が出始める。特徴的なのは激しい嘔吐や白っぽい水のような下痢で、脱水状態にもなりやすい。

 熱を下げたり、水分を補ったりする対症療法で多くは1週間ほどで治る。しかし重症化すると、けいれんや脳症が起こり、死に至るケースもある。生後3カ月ごろからの初めての感染では、特に症状が重くなりがちだ。

 ほとんどの子どもが5歳までに1度は感染するが、ロタウイルスそのものをやっつける薬はない。そこで力を発揮するのがワクチンだ。用いるのはシロップ状の飲む生ワクチンで、飲む回数が2回と3回の2種類がある。生後2カ月の「ワクチンデビュー」のときに、B型肝炎とヒブ、小児用肺炎球菌のワクチンと一緒に接種するのが一般的だ。

 接種によって、腸の一部が重なり合う緊急度の高い病気「腸重積症」の発生が少し増えるとされている。接種後に赤ちゃんがぐったりしたり、嘔吐を繰り返したりしたら、すぐにかかりつけ医に連絡しよう。

 これまでは、合計で2万4千円前後の自己負担が必要だったが、ことし8月1日生まれから自己負担はゼロとなる。最近の接種率はおよそ7割という。西村院長は「接種率が9割を超すと、ロタウイルスによる胃腸炎はまず流行しなくなる。自己負担がなくなるので、ほかのワクチンと一緒にぜひ接種してほしい」と勧める。(衣川圭)

【関連記事】

三次・庄原市、インフル「接種」全額補助へ 高齢者や妊婦、小学生まで

インフル「接種」、子どもらへ助成 東広島市10月から

インフル「接種」広がる補助 広島県内市町、新型コロナ同時流行に備え

この記事の写真

  • シロップ状のロタウイルスワクチンを飲む乳児(広島市安佐南区)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧